BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/08/09 (Wed) Martin D-35(1975) ネックリセット ナット・フレット・サドル交換

岩手県の Oさまより マーティン D-35 をお預かりいたしました。

弦高は3.3ミリほどあって高めですが
サドルはかなり低くなっていてサドルではこれ以上下げられないという状態ですので
ネックリセットと全体の調整をお申込みいただきました。
kIMG_9222.jpg

ブリッジプレートの弦穴が広がってボールエンドがめり込んでしまっていました。
kIMG_9220.jpg

フレットはかなり低くなっていますので交換します。
また指板のバインディングがところどころ剥がれていますのでそれも接着します。
kIMG_9221.jpg

指板の上面は削られて薄くなっていますので、
ネックリセットの時にテーパーシムを追加します。
kIMG_9225.jpg

バインディングの変形などに留意しながら、ネックをそっと外します。
kIMG_9238.jpg

ボディもキレイに剥がれてくれました。
kIMG_9235.jpg

ナットを交換します。こちらは元々のナットです。
kIMG_9223.jpg

交換できました。
kIMG_0185.jpg

フレットも交換しました。
フレットの頭を揃えて、整形研磨してピカピカに。
kIMG_0183.jpg

フレットはEVO Goldです。
従来のニッケルシルバーよりも硬く、長寿命で、少し金色をしていますので高級感があります。
kIMG_0187.jpg

よく見るとテーパーシムが確認できます。
kIMG_0191.jpg

ネックの接着具合も良好です。
kIMG_0188.jpg

こちら側もキレイにできました。
kIMG_0190.jpg

弦のボールエンドがめり込んでいた部分ですが
穴の周辺を少し削って、同じローズウッドの材で一旦埋めます。
kIMG_0196.jpg

ブリッジの穴に合わせて、もう一度貫通させます。
kIMG_0197.jpg

サドルも無漂白牛骨で交換しました。
kIMG_0194.jpg

とても弾きやすい状態に調整できました。
以前はしっとりした感じの音でしたがよりクリアな響きが出るようになりました!
kIMG_0195.jpg



ギターを受け取られたオーナーO さまよりすてきなメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


ギター届きました!
一時間ほど弾きました。
音色、弾きやすさ、仕上がりの綺麗さ、全て大満足です。


もともと低音が気に入り購入したギターだったのですが、段々高音域がこもり気味なのとフレット磨耗による弾きづらさが気になり出し今回お願いしたのですが、リペア後高音域が自然に出ておりとても心地良いバランスになりました。
サスティンもずっと良くなったように感じます。


先日、吉川忠英さん(プロギタリスト)のアコギを弾かせてもらえる機会があり、トーンの良さは勿論その弾きやすさに驚いたのですが、同じくらい弾きやすいです

また何かありましたら是非お願いしたいと思います。
本当にありがとうございます。
.....


また後日メールをいただきましたのでこちらも掲載させていただきます。

.....
昨夜、リペア後はじめてD35にピックアップをつけて弾いてみたのですが(LRBaggsのパッシプタイプ)、ピックアップへの音ののりが今までとは格段に素晴らしく、EQを通さなくとも十分美しい出音と弾きやすさで感動しました。
長らくフレットが磨耗して押さえづらく高音もだいぶ欠けた状態で弾いてたので長年つけてたギブスを外したかのような解放感でした。


今後ギターの状態にもっと敏感でいようと思いました。
今回リペアしていただいた事は自分にとって得難い学びになりました。
また他のギターもお願いしたいと思うので今後ともよろしくお願いいたします。



この度はご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/31 (Mon) Gibson J-45 ネックリセット

いつもお世話になっている 福岡県の Eさまより  ギブソン J-45 をお預かりいたしました。

以前にマーチンD28のネックリセットをさせていただきましたが
とても調子がいいということでJ-45も全体の調整をお申込み下さいました。
誠にありがとうございます!

お預かりした時点での状態はネックが起きていて、
弦高がとても高く(3.8~3.3ミリほど)なっていましたので
ネックリセットをして調整します。

まずは慎重にネックを外します。
kIMG_9231.jpg

ギブソンはネックを接着した後に塗装されており
ネックを外す際に塗装へのダメージが出やすいのですが
なるべく少なくなるように外します。
kIMG_9229.jpg

ペグのブッシュが外れやすくなっていましたので接着剤で補強しておきました。
kIMG_0168.jpg

ナットを無漂白牛骨で製作し交換しました。
kIMG_0169.jpg

ネックのうねりを解消するためフレットはすり合わせをしました。
kIMG_0137.jpg

サドルも無漂白牛骨で交換しました。
kIMG_0171.jpg

フレットはピカピカになりました。
またフレット端のエッジを整形研磨することでネックを握った感触も改善しました。
kIMG_0170.jpg

ネックの接着はハイドグルー(にかわ)を使用しました。
ネックリセットの仕上がりも違和感なく、いい感じです。
kIMG_0173.jpg

弦高とテンションを少し抑えて、とても弾きやすい状態に調整ができました!
kIMG_0174.jpg


ギターを受け取られたオーナーE さまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下様 お世話になります。ギター無事に到着しました

きれいな仕上がりで弾きやすくなりました、大事に弾いていきたいと思います。

また機会があれば調整お願いしたいと思います。本当にありがとうございました。



今回もありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
ギブソン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=gibson

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/06 (Thu) ギャラリー

今まで製作した楽器の画像などをギャラリーのページにアップしているのですが
より見やすくするために、こちらにもアップしてみました。
以下のアドレスよりご覧下さい。
http://tumbview.com/bluestringsslide/plus/

gallery.jpg


ギャラリーページ内、左のサムネイルをクリックすると右に画像が大きく表示されます。
また画像の左右をクリックすると前の画像・次の画像を表示できます。

自動のスライドショーは  こちら
画像の左上に表示されている右三角ボタンを押すと再生されます。
また表示する時間を秒で指定できます。
ランダムなのは こちら
ホームページ上にもリンクを貼ってあります。

インスタの画像は こちら 
random  Thumnails  Grid  GridR




楽器のオーダーお待ちしております。
http://www.bluestrings.co.jp/

関連記事

メディア | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/04 (Tue) Martin D-18(1976) ネックリセット ピックガード交換

新潟県の Y さまより  マーティン D-18 をお預かりいたしました。

1978年に購入され、学生時代からずっと弾いてこられたということで
消耗したパーツの交換、また修理すべき箇所を改善していきます。
減っているフレットは交換します。
kIMG_7509.jpg

サドルは限界まで低くなっており、弦高が上がっているわけですが
根本的な解決をするためにネックリセットをします。
kIMG_7482.jpg

指板のハイポジションはかなり薄くなっていますので
ネックリセットに伴いテーパーシムが必要です。
kIMG_7483.jpg

バックにはひび割れのようなものが入っていましたのでこちらも接着します。
IMG_7378.jpg

ネックを慎重に外しました。
調整できるトラスロッドではなく角のロッドです。
kIMG_7657.jpg

ボディ側。接着剤は酢酸ビニル系?のものでした。
kIMG_7656.jpg

フレットを1本づつ慎重に抜いていきます。
kIMG_8140.jpg

指板は狂いを補正して研磨します。
kIMG_8145.jpg

フレットを打ち込み、すり合わせをして研磨バフします。
フレットは一般的なニッケルシルバーよりも硬く長寿命なEVO Goldにしました。
IMG_8354.jpg

ピックガードを交換します。
kIMG_7481.jpg

ゆっくり剥がします。
kIMG_8295.jpg

前回剥がしたときのダメージが残っていて木の繊維がめくれて割れていました。
kIMG_8296.jpg

そのままでは良くないのでなるべく平らになるように接着しました。
kIMG_8297.jpg

ピックガードをオリジナルのラインに沿って加工し、貼付けます。
kIMG_8486.jpg

違和感なく仕上がりました。
kIMG_8484.jpg

ナットも交換しました。
kIMG_8473.jpg

フレットは金色に輝いていて高級感があります。
kIMG_8475.jpg

ネックの接着はにかわを使用しました。
ハイポジション下にはテーパーシムが接着されています。
kIMG_8476.jpg

弾きやすい弦高に調整された状態でサドルは高さを維持しています。
kIMG_8481.jpg

フレット・ナット・サドルすべて交換され、とても弾きやすい状態に調整ができました!
kIMG_8489.jpg

ギターを受け取られたオーナー Yさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。



竹下様

連絡遅れましたが無事ギター受け取りました。
ゆっくり弾けてないですが、40年前に戻った感じです!(^^)!

最初はまだなじんで無い感じや、フレットの感触が今までと
違った感じでもう少し弾いてからご連絡しようかとも思ったのですが、

仕事やなんやらで忘れると悪いので取り急ぎご報告いたします。

また機会がありましたらよろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
Y



この度はご用命誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/02 (Sun) 『動画あり』 ソプラノロングネック!SL414 マホガニー

コンパクトなソプラノボディに、コンサートスケールのネックを合わせた
ソプラノロングネック のウクレレを製作しました。

ウクレレらしいコロコロしたサウンドは小さいボディから生まれるわけですが
そのボディの特徴を活かしながら、弦長を少し長くすることで
弦のテンションが少し強くなって、ハリのあるサウンドになります。
フレットの間隔が少し広くなる分、ハイポジションでは押弦しやすくなり、イントネーションも安定しやすくなります。
小さいので持ちやすいというのもあり、いいとこ取りなウクレレです。

スケールが長くなるのでS414に比べてネックが長くなり、
ブリッジもやや後ろに下がっています。
kIMG_8599.jpg

インディアンローズウッド指板のスケールは15インチ(381mm)です。
kIMG_8616.jpg

使いやすいGotoh製ギアペグ仕様になっています。
kIMG_8619.jpg

ワンピースのマホガニートップ。
インディアンローズウッドのブリッジには各弦オフセットしたサドルが入っています。
ロゼットはアバロン。
kIMG_8609.jpg

サイドもマホガニー。
塗装はラッカーの艶ありです。
kIMG_8620.jpg

バックもワンピースです。
ボディ材はすべて同じ木材から木取りしていますので木目もマッチしています。
kIMG_8614.jpg

こちらの動画も参考にご覧いただければと思います。


このウクレレは大阪岸和田のウクレレショップ Ohana さま で販売中です!
http://www.ohana-k.jp/
ぜひ店頭でご覧下さい!






ウクレレのオーダーお待ちしております。
http://www.bluestrings.co.jp/ukulele.html

関連記事

ウクレレ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。