BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2017/07/04 (Tue) Martin D-18(1976) ネックリセット ピックガード交換

新潟県の Y さまより  マーティン D-18 をお預かりいたしました。

1978年に購入され、学生時代からずっと弾いてこられたということで
消耗したパーツの交換、また修理すべき箇所を改善していきます。
減っているフレットは交換します。
kIMG_7509.jpg

サドルは限界まで低くなっており、弦高が上がっているわけですが
根本的な解決をするためにネックリセットをします。
kIMG_7482.jpg

指板のハイポジションはかなり薄くなっていますので
ネックリセットに伴いテーパーシムが必要です。
kIMG_7483.jpg

バックにはひび割れのようなものが入っていましたのでこちらも接着します。
IMG_7378.jpg

ネックを慎重に外しました。
調整できるトラスロッドではなく角のロッドです。
kIMG_7657.jpg

ボディ側。接着剤は酢酸ビニル系?のものでした。
kIMG_7656.jpg

フレットを1本づつ慎重に抜いていきます。
kIMG_8140.jpg

指板は狂いを補正して研磨します。
kIMG_8145.jpg

フレットを打ち込み、すり合わせをして研磨バフします。
フレットは一般的なニッケルシルバーよりも硬く長寿命なEVO Goldにしました。
IMG_8354.jpg

ピックガードを交換します。
kIMG_7481.jpg

ゆっくり剥がします。
kIMG_8295.jpg

前回剥がしたときのダメージが残っていて木の繊維がめくれて割れていました。
kIMG_8296.jpg

そのままでは良くないのでなるべく平らになるように接着しました。
kIMG_8297.jpg

ピックガードをオリジナルのラインに沿って加工し、貼付けます。
kIMG_8486.jpg

違和感なく仕上がりました。
kIMG_8484.jpg

ナットも交換しました。
kIMG_8473.jpg

フレットは金色に輝いていて高級感があります。
kIMG_8475.jpg

ネックの接着はにかわを使用しました。
ハイポジション下にはテーパーシムが接着されています。
kIMG_8476.jpg

弾きやすい弦高に調整された状態でサドルは高さを維持しています。
kIMG_8481.jpg

フレット・ナット・サドルすべて交換され、とても弾きやすい状態に調整ができました!
kIMG_8489.jpg

ギターを受け取られたオーナー Yさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。



竹下様

連絡遅れましたが無事ギター受け取りました。
ゆっくり弾けてないですが、40年前に戻った感じです!(^^)!

最初はまだなじんで無い感じや、フレットの感触が今までと
違った感じでもう少し弾いてからご連絡しようかとも思ったのですが、

仕事やなんやらで忘れると悪いので取り急ぎご報告いたします。

また機会がありましたらよろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
Y



この度はご用命誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/06/30 (Fri) 『動画あり』 BLUE STRINGS S414 神代杉

鳥海神代杉 を使用したソプラノウクレレを製作しましたのでこちらで紹介したいと思います。

神代杉は何らかの理由で地中などに埋もれ腐敗せずに残された杉の木が近年になって掘り出され、製材されたものです。
使用したものは鳥海山の噴火の影響で土中に埋もれ、約2,500年のエージングを経た秋田杉で
一般的な杉とは異なり、灰色のような独特の色をしています。
kIMG_8655.jpg

ヘッドは墨を流したような特徴的な木目のジリコテを使用しました。
IMG_8472.jpg

指板・ブリッジはマダガスカルローズウッド。
ジョイントは14フレットで最終20フレットまであります。
kIMG_8499.jpg

使いやすいギアペグ仕様になっています。
kIMG_8501.jpg

神代杉の深みのある独特の色が美しいです。
これはもちろん無着色の天然の色です。
kIMG_8508.jpg

バックはワンピースのマホガニー。
サイドもマホガニーです。
kIMG_8509.jpg

縄文後期から続く長い長い眠りから覚めて
とても上品なハリのあるサウンドを奏でてくれます!
kIMG_8542.jpg

こちらの動画もご覧ください。



このウクレレは東京・阿佐ヶ谷のLAST GUITAR様のお店で販売中です。
ぜひ店頭でご覧下さい!
http://lastguitar.com/




神代杉を使用したウクレレのオーダーお待ちしております。
http://www.bluestrings.co.jp/ukulele.html

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/03/01 (Wed) Martin OOO-16 修理

福岡県の Yさま より マーティン OOO-16 をお預かりいたしました。

バインディングの剥がれを接着します。
kIMG_4627.jpg

くびれの部分は剥がれやすい場所で、4箇所とも剥がれていました。
kIMG_4628.jpg

塗料の欠けを埋めてなるべく痕跡を残さないように接着します。
kIMG_4645.jpg
再び剥がれてこないように、かなり強力な接着剤で接着します。
kIMG_4642.jpg
kIMG_4643.jpg
kIMG_4644.jpg

またポジションマークのところを触ると凸凹しているということで
こちらもキレイにします。
kIMG_4636.jpg

もともと指板の研磨が少し荒いのと、ポジションを入れている接着剤が盛り上がっているようです。
凹んでいる部分は埋め、出っ張っている部分は削り落としてキレイにできました。
kIMG_4639.jpg

またボディ内部をよく見ると、バックのブレイシングが剥がれていました。
IMG_4578.jpg

手の届きにくい場所ですが、なるべくキレイに一箇所ずつ接着していきます。
IMG_4579.jpg
IMG_4580.jpg

またブリッジ弦穴に沿って割れができていましたので、
今回は埋めて様子を見ることにしました。
kIMG_4647.jpg

ダメージを気にせず弾けるようになりました!
kIMG_4650.jpg

ギターを受け取られたオーナーY さま よりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下楽器様

遅くなりましたが、お礼が申し上げたく、メールしました。
戻ってきたMartinは想像以上にきれいに修理されており、技術の高さに驚いています。
若い頃に買い逃したこの時期の00016をやっと手に入れましたが、手に入れた物の状態が悪く、半年以上そのままにしておくことになり、戻ってきたときは感無量ででした。
高価なギターではありませんが、私にとっては、これからの一生の友人になると思います。
本当にありがとうございました。

Yより



この度はご用命誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/02/15 (Wed) Martin OOO-28EC ネックリセット ナット・フレット・サドル交換

いつもお世話になっている県内 Wさま から3本目のご依頼をいただきました。
いつもありがとうございます!
今回は マーティン OOO-28EC をお預かりいたしました。

まずは慎重にネックを外します。
kIMG_4523.jpg

ボディにはダブテイルを調整していた紙が見えます。
kIMG_4525.jpg

フレットを慎重に抜いていきます。
kIMG_4526.jpg

指板上面の狂いを補正して研磨し、新しいフレットを打ち込みます。
kIMG_4529.jpg

ストラップピンを外して埋めたいということでアバロンで埋めてみました。
kIMG_4531.jpg

フレットをすり合わせして整形・研磨します。
kIMG_4536.jpg

ペグを一旦外して、ブッシュを入れ直して、ギアにグリスを塗布します。
kIMG_4667.jpg

ナットを無漂白牛骨で交換しました。
kIMG_4669.jpg

新しいフレットもいい感じです。
kIMG_4670.jpg

ジョイント周辺はネックリセットしたのかわからないぐらいの状態に仕上げることができました。
kIMG_4671.jpg

こちら側もキレイになっています。
kIMG_4672.jpg

サドルは各弦オフセットしたものに交換して以前よりも高くなりました。
kIMG_4675.jpg

フレットも交換できましたので指板の上がとても気持ちいいですね。
とても弾きやすく、少しこもっていた音もクリアに前に出てくるようになり
またきらびやかな音になりました!
kIMG_4677.jpg

ギターと再会したオーナーWさまには「弾きやすい!」と
今回の仕上がりにも大変満足いただきました。

いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/31 (Tue) Martin D-28 ネックリセット ブリッジ再接着 アンセム取り付け

福岡県の Eさま より マーティンD-28 をお預かりいたしました。

ネックが元起きになっているということで、ネックリセットをお申込みいただきました。
IMG_4125.jpg

ヒールとサイドには隙間ができています。
kIMG_3061.jpg

ブリッジもよく見ると剥がれてきていました。
kIMG_3056.jpg

ボディの後ろから見るとよく見えます。
ブリッジは一旦剥がして再接着します。
kIMG_3057.jpg

バックをタップしてみるとバラバラと音がしていて
ブレイシングが一箇所剥がれているので接着しておきました。
kIMG_3062.jpg
バックのブレイシングの剥がれは気付かずに使用している方も多いのですが
ボディ内をライトで照らしてバックを軽く押してみると、
ブレイシングの端がバックから浮き上がって動くのが見えますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ブリッジをなるべくダメージが無いように慎重に剥がします。
kIMG_3346.jpg

古い接着剤を除去して、ブリッジの端までしっかりトップと接着できるように
トップに乗っている塗装を剥がしました。
kIMG_3718.jpg

しっかりと隙間なく接着できました。
接着剤は膠を使用しました。
kIMG_3746.jpg

ネックも外しています。
kIMG_3743.jpg

ボディ側もキレイに剥がれてくれました。
kIMG_3738.jpg

ネックセットができたらナットを交換します。
kIMG_3747.jpg

古い接着剤は除去して交換できました。
kIMG_3918.jpg

フレットはすり合わせをしました。
kIMG_3749.jpg

ピックアップも取り付けします。L.R.Baggsのアンセムです。
kIMG_3852.jpg

ボディのテイル部分の穴を慎重に開けました。
kIMG_3851.jpg

ボディ内部も見えない部分ですが、バリが出ないように工夫しています。
kIMG_3847.jpg

プリアンプ部をサウンドホールに取り付けしました。
kIMG_3924.jpg

ストラップピンも追加しました。
kIMG_3922.jpg

ネックのジョイントも違和感なく良い感じです。
kIMG_3923.jpg

サドルもネックの仕込み角に合わせて交換しました。
kIMG_3925.jpg

とても弾きやすい状態に調整ができました!
kIMG_3931.jpg


ギターを受け取られたオーナー Eさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。





竹下様、おせわになりました。無事ギター到着しました、きれいな仕上がり、真っ直ぐなネックでとてもうれしくなりました。

音も最初は少しボリュームが落ちた感じでしたが弾くにつれ、まとまりよく音が出だした感じがしました、マーチンがない間

弾いていたJ45とくらべたら全然良いです。まだ今から良くなりそうで楽しみです。J45の方も調整お願いしたく予約させて頂きます。

アンセムもサドル下のピエゾより生に近く良いです。年末にお手数おかけしました、良いおとしをお迎えください。

ありがとうございました。




この度はご用命誠にありがとうございました!
J45調整のご予約もいただき、ありがとうございます!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示