BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2018/02/22 (Thu) Martin D-28(2000) ネックリセット

誠に勝手ながら、昨年末頃より、リペアのお問い合わせやご予約の受付を
中断させていただいておりましたが、
本日から再開をさせていただきました。
お持ちの楽器修理、またマーティンのネックリセットでお悩みの方はぜひご相談下さい!

またBLUE STRINGSの楽器製作のご相談も、お待ちしております!

再びリペアの記事をUPしていきます。
いつも大変お世話になっている 宮城県の Oさまより マーティン D-28  をお預かりいたしました。
2000年のモデルですが弦高が上がってきており、
今後のことも考えて、ネックリセットをお申込みいただきました。

ヒールキャップ付近でバインディングが少し剥がれています。
IMG_6444.jpg

繋ぎ目で両側が剥がれていました。
IMG_6445.jpg

慎重にネックを外します。
ネックを外した時は毎回トラスロッドのネジ・ナット部分にグリスを追加しています。
IMG_6459.jpg

ボディもキレイに剥がれました。
IMG_6457.jpg

フレットはすり合わせをします。
IMG_7473.jpg

剥がれていたバインディングを接着してネックを再セットします。
IMG_7508.jpg

ナット溝はすり合わせされたフレットに合わせて微調整+整形研磨しました。
IMG_7505.jpg

ジョイントの具合もいい感じです。
IMG_7506.jpg
IMG_7507.jpg

各弦オフセットしたサドルを製作して交換します。
IMG_7510.jpg

とても弾きやすい状態にできました!
IMG_7511.jpg

これから長い間、気持ちよく弾けますね!
IMG_7512.jpg

いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/07 (Wed) Martin DC Aura バック剥がれ修理

更新できていなかったリペアの記事をUPしていきたいと思います。

東京都の Sさまより  マーティン DC-AURA をお預かりいたしました。
IMG_7400.jpg

丸いカッタウェイの先端部分のバックとサイドの接着が剥がれています。
IMG_7076.jpg

接着されていたバインディングも剥がれてしまっています。
IMG_7077.jpg

ランニングもキレイに割れています。
IMG_7088.jpg

しっかりと接着します。
といっても形状が複雑で、そのまま上下から合わせるだけでは
いろいろな箇所でズレが生じてしまうので
接着剤が固着する前にキレイに合わさるように何度もシミュレーションして
クランプも並べて準備を整えて接着しました。
IMG_7395.jpg

今後の割れを防止するため、ライニングの形状に合わせた割れ止めを加工して接着しました。
IMG_7399.jpg

キレイに戻りました。
IMG_7410.jpg

これで安心して演奏できます!
IMG_7417.jpg

ギターを受け取られたオーナー Sさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下さま

先ほど受取り確認させて頂きました。
とても良い仕上がりで嬉しく思います。

今後とも宜しくお願いいたします!



この度はご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/12/20 (Wed) Fender Telecaster フレット・ナット・ポット交換

来年1月のNAMMShow出展の準備に忙しく、
現在、リペア・調整のお問い合わせを一時的に休止しております。
大変申し訳ありませんが、再開までしばらくお待ち下さい。

かなり遅れてしまっているリペアの記事をUPしていきたいと思います。

いつもお世話になっている 愛知県の Nさまより  
フェンダー テレキャスター
をお預かりいたしました。
長年使用されていて塗装の焼けが超かっこいいテレキャスターです。

横から見るとペグのブッシュが弦に引っ張られて浮き上がってきています。
kIMG_5425.jpg

ボリュームとトーンのつまみを回すとガリが出るということでポットを交換します。
IMG_5432.jpg

バラバラに分解します。
ピックガードやパーツの下は焼けてない塗装の色が見えています。
スモークチーズやカステラを連想するのは自分だけでしょうか。
それともプリンかクリームブリュレとか。
IMG_6671.jpg

オリジナルのジャック。
kIMG_5427.jpg

使用していると緩んで外れやすくなりますので、ジャックプレートに交換します。
IMG_6670.jpg

ネジ止めでしっかりと固定できます。
元はジャックの位置が奥まっていて使えなかったL型のプラグも使用できるようになりました。
IMG_6699.jpg

導電塗料でキャビティ全体をアース処理します。
IMG_6675.jpg

ペグのブッシュを抜いて、穴の内側に薄板を接着して穴の経を微調整します。
IMG_6677.jpg

調弦してもブッシュはしっかりと固定されています。
IMG_6934.jpg

フレットとナットを交換するため、慎重に抜いていきます。
IMG_6678.jpg

新しいフレットはGOLD EVOです。
IMG_6679.jpg

フレットを打ち込み、すり合わせ、研磨バフして仕上げます。
IMG_6706.jpg

前回のフレット交換から弦落ちしやすくなったということで
端を落としすぎないように注意しました。
IMG_6936.jpg

フレットに合わせてナットも無漂白牛骨で交換できました。
IMG_6935.jpg

とても弾きやすい状態に調整できました。
生鳴りも大きくて、なんとも気持ちのいい音がします!
IMG_6938.jpg


このかっこいいテレキャスと再会したオーナー Nさまには仕上がりに大変満足いただけました!

いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
フェンダー修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=fender




BLUE STRINGS  ギター製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/guitar.html

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/12/12 (Tue) Martin D-18(1977) ピックガード、ナット交換

宮城県の Hさま より
マーティン D-18 
をお預かりいたしました。

購入してから40年ほど経ち、弾いていなかった期間もあったそうですが
思い入れもあるギターということで全体の修理をお申込みいただきました。

塗り込みのピックガードがめくれてはがれてしまっていますので交換します。
IMG_5950.jpg

横からよく見ると木目に沿って木部がめくれて黒く見えているところがあります。
IMG_5949.jpg

内部を見るとトップが歪んでいるのも見えます。
IMG_5951.jpg

ピックガードをゆっくりと剥がしました。
IMG_6042.jpg

端の割れを接着して黒く見えていた隙間がなくなりました。
IMG_6044.jpg

内部にも変形を矯正する割れ止めを接着します。
IMG_6052.jpg

新しいピックガードを加工して貼り付けます。
できるだけ同じサイズで同じ位置に。
IMG_6664.jpg

ピックガードはラッカー塗装がされていますので
艶があって高級感があります。
角はテロンとした感じで、塗装も木目を意識して少し筋っぽくしました。
IMG_6663.jpg

ボディをよく見るとバインディングが剥がれていましたので接着しました。
IMG_6659.jpg

トップの端のところに傷がありましたので接着とタッチアップをしました。
IMG_6665.jpg

フレットは少し浮き上がっているところがありますのでそれを戻します。
IMG_5953.jpg

フレットすり合わせしてピカピカに研磨バフしました。
IMG_6060.jpg

ナットも交換します。
IMG_5956.jpg

無漂白牛骨で交換しました。
IMG_6932.jpg

修理すべき箇所が解消されて安心して弾けるようになりました!
IMG_6667.jpg

ギターを受け取られたオーナー Hさま よりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下 泰弘 様

本日,無事にギターを受け取りました。
大変丁寧にかつ美しく修理されており,感激です。
引き心地や音色も以前と遜色なく,遠い昔がよみがえってきました。
ギターを弾く機会はあまりありませんが,これからも大切にしていこうと思います。
この度は,本当にありがとうございました。



この度はご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/12/05 (Tue) Takemine Santa Fe フレット・ナット・サドル交換

いつも大変お世話になっている 千葉県の Sさまに
 タカミネ サンタフェ を預けていただきました。

全体のチェックと消耗パーツの交換、調整をします。
まずはナットの交換。
IMG_5878.jpg

無漂白牛骨で交換できました。
IMG_6027.jpg

フレットを交換します。
慎重に抜いていきます。
IMG_5881.jpg

指板上面の狂いを補正して研磨していきます。
色の濃い当たっていないところが低くくぼんでいます。
指板の接着時の影響、木目、材の萎縮などで
ほとんどの楽器にこういったうねりや狂いがあります。
IMG_5948.jpg

新しいフレットをすりあわせして頭を揃えて、端部を整形研磨します。
IMG_6025.jpg

フレットはGoldEvoを使用しました。
ステンレスフレットよりも柔らかく従来のフレットよりも硬く長寿命で
うっすらと金色をしていて、高級感があります。
IMG_6028.jpg

サドルも交換できました。
IMG_6035.jpg

プリアンプ部の清掃など電気系統のチェックをします。
IMG_5880.jpg

とても弾きやすい状態に調整できました!
IMG_6034.jpg



ギターを受け取られたオーナー さまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下楽器
竹下様

お世話になっております。

本日、タカミネのギターをお預かりいたしました。
いつものように大変丁寧に仕上げていただきありがとうございます。
特にエレアコということもあり、音質向上はなかば諦めていた部分もありましたが、
エレアコとは思えないくらいに響いていて驚きました。
これからますます弾きこんでみたいと思います。
ありがとうございました。

S T



いつも本当にありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
タカミネギター修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=takamine





BLUE STRINGS  アコースティックギター製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/guitar.html

リペア | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示