BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2015/08/25 (Tue) Martin OM28V ネックリセット

いつもお世話になっているNさまより マーチン OM28V をお預かりいたしました。

ネックが起きていますのでネックリセットをして調整します。
s-IMG_628io1k.jpg

ネックとボディを無事に剥がすことができました。
付着した接着剤を除去し、仕込み角を調整して再び接着します。
s-IMG_6io276k.jpg

ブリッジは後ろが浮いていて、弦の張力に引っ張られて前進していました。
ブリッジが前にずれることで塗装を盛り上げて剥がしてしまっていました。
s-IMG_6279k.jpg

ブリッジは塗装の上に接着されていた状態でしたので、ブリッジの形状にあわせて
塗装を剥がし、再び接着します。
s-IMG_6740k.jpg

ナットも交換しました。
s-IMG_7228k.jpg

フレットはすり合わせをします。
s-IMG_7217k.jpg

ロングサドルを各弦オフセットしたものを製作し交換します。
s-IMG_7229k.jpg

とても弾きやすい状態に調整ができました!
s-IMG_7232k.jpg

いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



マーティンの調整 修理 リペア しています。
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理例
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2015/08/12 (Wed) Martin D-35 (1974) ネックリセット ブリッジ交換など

たまたま三河湾に突き出た西浦に行くことになり、
見晴らしの良いとある丘で朝日の写真を撮っていたのですが
写真が好きだという方から声をかけられました。
s-IMG_4097h.jpg

最初は写真の話をしていたのですが、なぜか写真からギターの話題になり、
僕がギターの仕事をしていることを打ち明けると、特にマーチンとヤイリが好きだというお話になり
ご自宅におじゃましてギターのコレクションをいろいろと見せていただくことになりました。

その中でもずっと大切にしていた 1974年製のD35 があったのですが
調整が行き届かず、弦高が高く弾きづらい状態のままになっていました。
思い入れのあるギターなので、以前からなんとかしてあげたいという気持ちを抱えていらしたということで、
いろいろと偶然が重なり、そのD35調整のご予約をいただくことになりました。

状態をよく確認すると、経年変化でいろいろ修復すべき箇所がありますので少しづつ作業していきます。
まずはブリッジですが、ネックの起きに対応した以前の修理で
ブリッジが薄く削られてしまっていました。
ネックリセットをしますので適正な高さのあるブリッジをオリジナルと同じ形状で製作し、交換します。
同じ位置に接着しなおします。
s-mIMG_0632.jpg

ボディ内部のブリッジプレートですが、ボールエンドがめり込んでいる状態でしたのでこちらも補修します。
いったん弦穴周辺を削り、同じローズウッドで埋めて、再び綺麗に弦穴を開け直します。
s-mIMG_0656.jpg

ネックリセットをするため、慎重にネックを外します。
s-IMG_9213.jpg

ダメージなく接着をはがすことができました。
放置して安定させ、仕込み角を調整して、再びネックをセットします。
s-IMG_9212.jpg

ナットは交換時期にきていましたので、無漂白牛骨で交換しました。
s-IMG_3883.jpg

フレットは高さが不揃いでしたので、すり合わせをしました。
ネックのうねりなどを相殺します。
s-IMG_1906.jpg

新しいブリッジと仕込み角に合わせ、各弦オフセットしたサドルに交換します。
s-IMG_3887.jpg

ネックリセットの際に指板のハイポジションにテーパーシムも接着しました。

以前はDサイズらしい低域は出ているものの、艶のないこもった感じの音でしたが
リバーヴ感のある、きらびやかな音が出るようになりました。
また弦高は低く、ハイポジションでも長時間の演奏でもストレスになりません。
s-IMG_3888.jpg

今回は他にもいろいろな偶然が重なり、何か特別なお導きのようなものを感じ、
奉納するような気持ちで全力でお仕事をさせていただきました。

ギターに再会したオーナー Kさまは出音の変化、弾きやすさにとても驚いていらっしゃいました。
以前は弦高が高すぎてローポジションでの演奏が主で、ぽろぽろと弾くだけのギターだったそうですが、
指でもピックでも使える音になり、別のギターに生まれ変わったようだと、とても満足いただけました!

この度はご用命、誠にありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します!



マーティン調整
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理例
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2015/08/06 (Thu) Collings O1-V 調整

いつもお世話になっている 東京都 Y さまより コリングス 01-V をお預かりいたしました。

ナットの弦間が広すぎて、弾いている間に弦がフレットの外に落ちてしまう状態でした。
適切な弦間にしたナットに交換します。
s-IMG_1898.jpg

ナットの下にはかさ上げするための牛骨材が入れられた状態でした。
s-IMG_0657.jpg

古い接着剤を除去し、新たにナットを製作します。
s-IMG_1895.jpg

弦間の調整は微妙なところですが弦落ちはしない最大限の弦間で溝を切りました。
もちろん親指で6弦も押さえることができます。
s-IMG_1896.jpg

フレットの高さの誤差を修正するため、フレットすり合わせをします。
s-IMG_0660.jpg

サドルは弦高をできるだけ抑えた設定で製作しました。
s-IMG_1897.jpg

またピックガードの端(先端の部分)が少しせり上がって引掛かりそうな状態でしたので接着して補修しました。

調整する前から反応のいい音がしていましたが
また一段ときらびやかな音になり、弾いていてとても気持ちが良いです。
弦落ちもなくなり、とてもいい状態に調整ができました!
s-IMG_1902.jpg

ギターを受け取られたオーナー Yさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下泰弘さま

昨日、無事に楽器(Collings 0-1V)を受け取りました。ご報告が遅れましたが、ま
ず一日弾いてからご連絡しようと思いました。

ナットおよびサドルの交換、フレットすりあわせ、剥がれかけていたピックガードの
接着、すべてが期待通り、いやそれ以上に仕上げられており、一目見て嬉しくなりま
した。

元のナットは弦間が広すぎて端の弦が弦落ちしやすい状態でしたが、弦落ちすること
はなくなりました。「6弦は少しだけ内側に入れて下さい」とお願いしましたが、本
当に絶妙な調節をしていただき、とても弾きやすい状態になって帰ってきました。

ナットの裏にあったかさ上げの不要物が取り除かれたためか、サドルの交換の効果な
のか、音も以前よりもクリアーに感じられ、弾いていて嬉しくなってきます。 ビン
テージマーチンとは違いますが、このギターは小さいボディからは想像できないよう
な音がでます。 これから時間をかけて育てていきたいと思っています。

今回も竹下さんにお任せして本当に良かったです。 ありがとうございました。

東京都港区
Y



いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



コリングス、マーティン、ギブソン調整いたします。
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2015/08/04 (Tue) ASTRIAS D. EMPEROR 修理

福島県の Sさまより アストリアス D.エンペラー をお預かりいたしました。

全体に貝の装飾が入ったとても豪華なモデルですが
指板のせっかくのヘキサゴンインレイが部分的に欠けてしまっていました。
s-IMG_8571.jpg
ポジションマークを修復や交換する場合はフレットを交換する際に一緒に行うのが理想的ですが
ギターはほぼ新品の状態ですのでフレットには問題ありません。
しかしながら段差になっていて指も引っかかるし気になる…
ということで部分的な修復をすることにしました。

凹んでいる部分を埋めて周辺と段差がなくなるように研磨して補修しました。
他の部位と研磨の状態が異なるとその場所だけ違って見えて違和感が出るので
研磨の具合を微妙に調整しながら補修の痕跡をなるべく残さないように仕上げました。
s-IMG_8574.jpg

とても綺麗なギターですね。
s-IMG_8578.jpg


ギターを受け取られたオーナー Sさまより
とても綺麗に修復できていたということで、驚きのお電話をいただきました。

ご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



アコギ調整なら
http://www.bluestrings.co.jp/mrepair.html

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram

bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示