BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/04/28 (Thu) Martin OOO-28EC ネックリセット ブリッジ再接着

アップするのが遅くなってしまいましたが

愛知県の Aさまより マーティン OOO-28EC  をお預かりいたしました。

新品で購入された00028ECですが、使用してるうちにネックの元起きで弦高が高くなってしまい、
ご自身でサドルを低くして弦高調整されたのですが、
いまいち鳴りが悪くなってしまったということでした。
今回はネックリセットを含め、修理の必要な箇所を改善していきます。

ヒールキャップのところに隙間ができていました。
s-kIMG_8756.jpg

セルのヒールキャップは萎縮するので隙間ができることがありますが
このヒールはサイド材との間に隙間が確認できます。
s-kIMG_8755.jpg

よく見るとブリッジの後ろも剥がれていました。
s-kIMG_8760.jpg

慎重にブリッジを剥がします。
s-kIMG_9001.jpg

ブリッジの外周はラッカーの上に接着されている状態で接着面積も少ないので
外周に合わせて塗装に切れ込みを入れてラッカーを剥がしていきます。
s-kIMG_9152.jpg

余分な塗装はキレイに剥がれました。これでブリッジがトップに密着できます。
s-kIMG_9155.jpg

ネックリセットのためネックを外して放置します。
s-kIMG_8996.jpg

ダブテイルの噛み具合を調整していたシム板がずれていました。
s-kIMG_8999.jpg

作業者の名前?もありました。
s-kIMG_9000.jpg

ネックの仕込み角を調整し、またシムを接着してネックを再び接合します。
s-IMG_9816.jpg

フレットをすりあわせしてピカピカに磨きました。
s-IMG_0207.jpg

ナットも無漂白牛骨で交換しました。
s-kIMG_0214.jpg

サドルも交換しました。
s-kIMG_0216.jpg

ブリッジは隙間なくしっかり接着されています。
s-kIMG_0220.jpg

ネックの接着も違和感なくできました。
s-kIMG_0221.jpg

フレットすり合わせにより指板のうねりなどは相殺され、フレットも輝いています。
s-kIMG_0224.jpg

とても弾きやすい状態に調整ができ、音も改善できました!
s-kIMG_0228.jpg


ギターを受け取られたオーナーAさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下様

無事にギターが届きました。ハイポジションでも以前と比べて格段に弾きやすくなりました。ありがとうございます!音も素直に前に出てる感じがします(^-^)
また何かあったら次回もお願いしようと思います。
この度は本当にお世話になりました。

A A



この度はご用命誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



マーティン調整
http://www.bluestrings.co.jp/mrepair.html
マーティン修理例
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2016/04/15 (Fri) BLUE STRINGS MD 完成です!

MD の続きです。

前の記事はこちら

塗装が完了していよいよ組み込みです。
ペグはミッション比 1:18 で微調整のしやすいGotoh SGS510Zです。
それからナットを加工し、ブリッジを接着して、ブリッジピンとサドルをセットして…
そして初めて弦を張る時。これが最高にワクワク・ドキドキしますね。

s-kIMG_0213.jpg

ジャラーン!

ルシアーズハイ!?とでもいえるようなある種の快感で
この仕事をしていてよかったーっ!と思える瞬間であります。

まずは調弦して、時間をおき、状態が安定してから微調整をします。
そしていよいよ完成です!

エボニーの天神に突板の白いライン、ゴールドのペグが映えています。
s-kIMG_1928.jpg

フレットはすり合わせ、研磨してピカピカになりました。
s-IMG_2079.jpg

ポジションマークは視認性の良いサイズになっています。
s-kIMG_1929.jpg

サドルは無漂白牛骨でオフセットしたものを製作しました。
s-IMG_2083.jpg

ツイステッドカッタウェイはハイポジションでの演奏性を高めるために
三角のヒール形状に沿ってサイドが曲がっていて、手が入りやすいデザインになっています。
バックのマダガスカルローズの木目もとても美しいです。
s-IMG_1943.jpg

バインディングが折り返しているエンドグラフト。
お客様のご希望でピックアップを取り付けしました。
s-kIMG_2034.jpg

ピックアップはおすすめのSKYSONIC PRO1です。
マグネティック・コンデンサマイク・コンタクトマイクの3wayのPUです。
s-kIMG_2037.jpg


このギターで動画を撮ってみましたので参考にご覧下さい。
(ピックアップではなく、生の音をコンデンサマイクで録音しています。)



ギターを受け取られた U さまよりあたたかいメールをいただきましたので
そのまま掲載させていただきます。

竹下 様

いつもお世話になります。

連絡遅くなりすみません。
本日、MDを受領しました。
素晴らしい!美しい!そしてツイステッド・カッタウェイ惚れ惚れします。マット塗装がまたいい感じにシブく感動です。映像で見るより実物の方がずっとカッコいいです。
また要望どおりのネック形状にして頂きまして有り難うございます。想像以上の弾きやすさで、今までで一番弾きやすいギターです。

トーンバランス、レスポンスともにとても素晴らしく、1、2弦も音が太く、低音側も深く重量感があり大満足です。また余韻が大変美しくギターが上手くなったように感じます。今後が益々楽しみです。

ピックアップはまだ使用しておりませんが良い音がするだろうと想像つきますので後日ゆっくり使用してみます。

竹下様にオーダーして本当に良かったと思っています。
大変お世話になりました。
有り難うございました。
今後、また何かありましたらその際には宜しくお願い致します。
U



完成までにかなり時間がかかってしまいましたが、
時間的な配慮をいただき、じっくりと製作に打ち込むことができました。
心より感謝申し上げます。

完成したギターにもご満足いただけて、本当に嬉しいです!
この度は誠にありがとうございました!
今後とも、よろしくお願い致します!



BLUE STRINGS のアコースティックギター
http://www.bluestrings.co.jp/acoustic.html
オーダーのご予約、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/order.html

関連記事

ギター | trackback(0) | comment(1) |


2016/04/11 (Mon) BLUE STRINGS MD 製作中です!その4

MD の製作の続きです。

前の記事はこちら

指板の加工です。
s-kIMG_4459.jpg

フレット溝を切っていきます。
スケールのテンプレートに合わせて正確に加工します。
s-kIMG_5197_2016040622201321c.jpg

内側のパーフリングとバインディングを接着して、
指板側面のポジションマークを入れていきます。
s-kIMG_8336_201604052055308ec.jpg

ネックの加工です。
s-kIMG_8328_2016040520545543e.jpg

チャンネルロッドとカーボンファイバーの補強を入れます。
s-kIMG_8330_2016040520552833a.jpg

指板とヘッドの突板を接着しました。
s-kIMG_8361_201604052055492f0.jpg

ペグ穴を加工します。
s-kIMG_8362_20160405205550910.jpg

ツキ板の角をトリミングしました。
s-kIMG_8363_201604052055528ad.jpg

指板面をフラットに研磨します。
s-kIMG_8365_20160405205610543.jpg

フレットを打ち込みます。
s-kIMG_8366_20160405205611650.jpg

ヘッドの切り込みも入れてネックは完成です。
s-kIMG_8841_201604111734589d6.jpg

ネックのグリップはお客様の要望に合わせて
ハイポジションにいっても厚みが厚くなりすぎないU型に加工しました。
とても握りやすいネックになりました。
s-kIMG_8840_20160411173523075.jpg

ボディとネックをジョイントして木部の加工はいよいよ完成です。
s-kIMG_8845_20160411173459812.jpg

マスキングして塗装します。



BLUE STRINGS のアコースティックギター
http://www.bluestrings.co.jp/acoustic.html
オーダーのご予約、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/order.html

関連記事

ギター | trackback(0) | comment(1) |


2016/04/08 (Fri) BLUE STRINGS MD 製作中です!その3

MD の製作の続きです。

前の記事はこちら

サイドはブレイシングを接着して、バックを接着しました。
内側は塗装しています。
s-kIMG_7968_201604052054303d3.jpg

トップを接着して箱になりました。
モールドをばらして外します。
s-kIMG_7989_20160405205435be5.jpg

サイドを研磨していきます。
s-kIMG_7991_20160406214634df2.jpg

トップ、バックも研磨します。
s-kIMG_8005_20160405205457e14.jpg

ボディ全体を溝加工してウッドバインディングを接着します。
s-kIMG_8269_201604052055005d3.jpg

再び研磨します。
s-kIMG_8289_2016040520550169f.jpg

カッタウェイ先端のバインディングは難しいのですがキレイにできました。
s-kIMG_8344.jpg

あとはネックとのジョイント部分を加工してボディはほぼ完成です。
s-IMG_8340.jpg

続きます…



BLUE STRINGS のアコースティックギター
http://www.bluestrings.co.jp/acoustic.html
オーダーのご予約、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/order.html

関連記事

ギター | trackback(0) | comment(0) |


2016/04/06 (Wed) BLUE STRINGS MD 製作中です!その2

BLUE STRINGS MD 製作の続きです。

前の記事はこちら

トップはおすすめのアディロンダック・レッドスプルースです。
いろいろと使用しましたが、アディロンが一番音が太く、鳴りが良いと思います。
色味のキレイなものは大変希少で、全体的に少しクリーム色をしていて、匂いにも特徴があります。
白く美しいジャーマンスプルースも魅力的ですが、個人的にはアディロンが最も好きなトップ材です。
s-IMG_8480_2016040520581881b.jpg

少し大きめに切り出します。
s-IMG_9748_2016040520581611a.jpg

ロゼットの加工です。
溝加工してアバロン(メキシコアワビ)を入れていきます。
近年では高級なモデルでも積層したタイプの貝をよく見ますが、これは無垢の貝材です。
s-kIMG_7958_201604052054001b8.jpg

サウンドホールを開けました。
MDのロゼットはカッタウェイに合わせたデザインになっています。
s-kIMG_7983_201604052054331dc.jpg

トップのブレイシングパターンは非公開ですが、これでトップは完成となりました。
お客様の求めている音に合わせ、持てる技術と経験を注ぎ込みました。
s-kIMG_7978.jpg

バック材のマダガスカルローズ・ウッドを切り出して
センターストライプを入れます。
マダガスカル・ローズウッドはハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)に最も近い材料と言われており、
芯のある硬質な音が特徴です。
材料の質感はインドローズに比べとても硬質で、
ささくれたエッジに触れるとかなり鋭利でに指に刺さってきます。
適度な油分があり、エキゾチックな木目が魅力ですが
とても素直な木目のものもあり、色味も個性があり、個体差が大きいです。
s-kIMG_7605_20160405205403e2b.jpg

センターの割れ止めを接着して、
ブレイシングが嵌まる溝を加工しました。
s-kIMG_7613_20160405205359b29.jpg

ブレイシングを加工して接着しました。
ブレイシングの材料も鳴りの良いアディロンダック・レッドスプルースを使用しました。
s-kIMG_7962_20160405205402738.jpg


続きます。

関連記事

ギター | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。