BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2016/08/31 (Wed) ムック にっぽんのギター工房


 にっぽんのギター工房

至高の国産アコースティック作りの現場を訪ねる
(アコースティック・ギター・マガジン)

tkIMG_0979.jpg


アコースティックギターマガジンで連載されている「にっぽんのギター工房」が集約されている保存版!
という濃厚な内容のムックです。

BLUE STRINGSの記事も掲載されていますので、ぜひご覧ください!

http://www.rittor-music.co.jp/books/16213003.html


関連記事
スポンサーサイト

メディア | trackback(0) | comment(0) |


2016/08/30 (Tue) Martin D28 ネックリセットなど

群馬県の Nさま より  マーチン D-28 をお預かりいたしました。

比較的新しいD28でとても綺麗な状態でしたが
ネックがいわゆる元起きの状態になってしまっているので
ネックリセットをして全体を調整します。

ブリッジの接着が弦の張力で僅かにズレて塗膜を横から押し上げてしまい
ブリッジの前側の塗装が割れて剥がれてしまっていたのでこちらも修復します。
tIMG_7247.jpg

ネックを外して調整します。
tkIMG_9309.jpg

ボディ側もキレイに剥がれました。
tkIMG_9310.jpg

ナットを交換するため外します。
tkIMG_0184.jpg

付着した不要な接着剤はキレイに除去して新しいナットを製作します。
tkIMG_0185.jpg

交換できました。
tkIMG_0197.jpg

フレットはすり合わせをします。
tkIMG_0187.jpg

フレットのエッジも研磨されて握った感触も向上しました。
tkIMG_0201.jpg

ネックの仕込み角に合わせてサドルも交換しました。
ブリッジ前の塗装もタッチアップで修復しました。tIMG_0208.jpg

ジョイント部分もキレイに接着できました。
tIMG_0202.jpg

少し低めの弦高ながら、サドルも高さを維持できており
弾きやすい状態に調整できました!
tkIMG_0206.jpg

ギターを受け取られたオーナー Nさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


昨日、ギター届きました。
早速、箱から、ギターを出し、細部を確認しました。

修理箇所を、事前に画像を頂いていたので、仕上がりの良さに、思わず、ニヤニヤしてしまいました。

そして、チューニングをし、久々に、ピックで、かき鳴らすと、ビビりがなく。また、「弦を押さえるのも、楽な様な… 弾きやすくなってる。」と、ナットとサドルの調整、ネックの修正、フレットの研磨、それぞれが秀逸のセットアップなのだと思い、また、ニヤニヤしてしまいました。

今回、竹下様の工房に、ご依頼して、本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

初めて購入したMartin D-28。私の不注意で、塗装の剥がれと、ネックの元起きになった時は、「手に終えない、手放してしまおう。」と思いしました。

ただ、このギターとの出合いを思うと、なかなか思い切れませんでした。

初めて行ったショップの店員と意気投合し、「好きなだけ、弾いてあげてください。きっと気に入ってもらえますから…」と言われ、時間を忘れて弾き込んでしまいました。

そして、カポを買うつもりが、帰る頃には、バードケースに入ったD-28を抱えていました。

これから、もっと弾き込んで、D-28の音色を、長く楽しみたいのです。

長くなりました。
また、ご依頼することがあるかもしれません。その時は、よろしくお願いいたします。

追伸、暑い日が続きます。お体、ご自愛ください。



このメールをいただいた数日後に、Yamaha FG修理のご予約もいただきました。
誠にありがとうございます!



マーティン調整
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理例
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2016/08/25 (Thu) Godin Multiac Nylon Duet Ambiance バズ修理

いつも大変お世話になっている ウクレレプレイヤー、インストラクターの 大橋英比個 先生より

ゴダン Multiac Nylon Duet Ambiance  をお預かりいたしました。
(以前の記事はこちら。)

何かバズが出てしまうということで原因を探ります。
弾いてみると確かに音が濁っていて、何か共振しているようです。

裏蓋を開けて配線などチェックします。
tIMG_3217.jpg

トップは振動するので配線が触れていると、あるポイントで共振してしまうことがあります。
tIMG_3219.jpg

コントロール部分も開けて共振する可能性のある箇所を探します。
tIMG_3220.jpg

バズが発生しそうな配線を止めていきます。
tIMG_3223.jpg

こちらも止めました。
tIMG_3224.jpg

サウンドホールのネットも指で触れると少し音がする部分がありますので、こちらも念のため止めます。
tIMG_3225.jpg

一旦、共振する音は無くなってバズは改善されたのですが
またしばらくしてビビってしまうということで、内部をくまなくチェックしたところ
トップのブレイシングの端が剥がれている場所を見つけました。
tIMG_3447.jpg

押さえると動きますし、横から見ると確かに剥がれて浮いています。
tIMG_3449.jpg

しっかりと接着し、サイドとブレイシングの隙間を充填しました。
バリバリと大きなビビった音がしていましたが、
それも無くなってクリアな音が出るようになりました。
tIMG_3450.jpg

またサドルのオクターブをよりシビアに合わせるため
各弦オフセットしたサドルを製作し、交換しました。
tkIMG_9850.jpg

元のサドルでは特に2弦の音がシャープしていましたが改善され、
全体が合うようになりました!
tkIMG_9855.jpg

ギターを受け取られた大橋先生からはあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。



竹下様

本日ギターが届きました。
早速確認しましたがバズトーンも解消し、サドルの出来も非常に
よく大変満足です。見た目、イントネーション共に最高です。
このタイプのゴダンが高級ギターに見えますね。

また何かありましたらお願いしますね。
どうもありがとうございました!


大橋



いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギター調整・修理はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2016/08/23 (Tue) Martin OOO-28 ネックリセットなど

千葉県の Nさまより  マーチン OOO-28 をお預かりいたしました。

ネックリセットも含めいろいろなところも修理していきます。
バインディングがくびれのところですべて剥がれてしまっていました。
s-kIMG_1666.jpg

ネックはよく見るとナットの付け根のところから割れが広がっていました。
s-kIMG_1707.jpg

バックのブレイシングが両側・端の部分で7箇所剥がれていました。
s-kIMG_1683.jpg

ネックの塗装はラッカーが変質してしまったのか、
べたつく感触があり、また塗装内部での密着が悪く、部分的に剥がれてしまっていました。
s-kIMG_1660.jpg

ネックリセットのため慎重にネックを外しました。
s-kIMG_5997.jpg

ボディ側もキレイに剥がれました。
s-kIMG_5998.jpg

バインディングの接着をしたところ、ボディも塗装の密着が悪く、塗膜がパリパリと剥がれてきてしまいました(涙)
s-IMG_2936.jpg

サイド・バックの塗装はいったんすべて剥がして再塗装します。
s-kIMG_6249.jpg

ネックも再塗装のため塗装をすべて剥がしました。
ネックの割れは接着だけでは強度が充分でない可能性があるので補強を入れて接着しました。
s-kIMG_6226.jpg

バインディング、バックブレイシングの接着、
またボディとネックの塗装を終え、ネックの仕込み角を調整してネックを接着しました。
フレットはすり合わせをします。
s-kIMG_7262.jpg

ブリッジピンをご希望のエボニー製のアバロンドットがあるものに交換しました。
s-kIMG_7263.jpg

ナットも交換しました。
s-kIMG_7268.jpg

サドルも交換しました。
s-kIMG_7273.jpg

ピックアップも取り付けするため、エンドピンジャックの穴を開けました。
s-kIMG_7266.jpg

ピックアップはおすすめのSKYSONIC PRO1です。
s-kIMG_7270.jpg

ネックの塗装は傷や剥がれやベタつきもなくなりキレイになりました。
補強を入れた部分も色を合わせて違和感のないよう仕上げました。
s-kIMG_7281.jpg

サイドの塗装もとてもキレイに修復できました。
s-kIMG_7277.jpg

バックも再塗装ですのでバインディングの剥がれに伴う塗装の損傷もすべてキレイになりました。
s-kIMG_7276.jpg

ネックジョイントの仕上がりも違和感なくできました。
指板のハイポジションにはテーパーシムを接着しています。
s-kIMG_7283.jpg

すべての不具合が解消され、とても弾きやすい状態にできました!
s-kIMG_7279.jpg

ギターを受け取られたオーナー Nさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下 様



ギター届きました。

弦高は調整されてとても弾きやすくなりました。

今回は多岐にわたり修理及び調整して頂き大変にお世話になりました。

何処の修理箇所も細部にまで綺麗いな仕上がりになており満足のいく状態でした。

丁寧な作業 ありがとうございました。



N T



この度はご用命、誠にありがとうございました!
長らくお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。
ぜひまたお声かけて下さい!



マーティン調整
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理例
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示