BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2009/03/03 (Tue) リペア☆フレット浮き

モッキンバードといえばHIDEさんを連想します。


さてこのモッキンはフレットが指板の端で両側が浮いているようです。

指板の端が黒っぽく・スキマっぽく見えるのが分かりますでしょうか?
 フレット浮き

下から見るとこんな感じ。
フレット横面
浮いてますでしょ?両側・全てのフレットがこうなっています。

これは指に引っかかって危ないですし、無論、音もちゃんと出ません。


これはフレットを入れ直します。


まずはフレットを抜きます。
フレットは断面がT型になっていて、溝にはまっている足に等間隔で小さな爪が出ています。
それがフレット溝に食い込んで抜けにくいようになっています。
なので強引にフレットを抜くとフレット溝がめくれ上がって破損してしまうのです。
作業は1本ずつ慎重に行います。
ローズウッドよりエボニーの方がパリッと割れやすいですね。


フレット抜き完了
全て抜けました。抜いて見ると...


フレットR
なるほど。フレット溝の幅は適正ですが、
指板のRとフレットのRが合っていません。
フレットのRに比べて指板のRの方がきつい状態です。
これが原因のようです。

指板のRにちゃんとあわせて入れればOKですね。
フレット打ち込み
指板面・さらにグリップ側にもキズを付けないよう慎重に打ち込みます。

打ち込みが完了したら、すり合わせしてレベルを出し、フレットをピカピカに研磨☆
フレット打ち込み完了

フレットの端がしっかりと付いていますね。
フレット打ち込み後

作業完了!
これで楽器本来の音がよみがえりました!


ギター修理価格表
http://www7.plala.or.jp/bluestrings/repair.html

関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<<カナダのフォーク | TOP | 今日は>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/103-0b24de56

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示