BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2009/07/18 (Sat) リペア・ネック塗装修理

ネック塗装修理です。


グリップ部分。
極めて薄い塗装ですが、なにやら剥離していますね。
ネック裏・塗装不良


汗と一緒に汚れが木地に染み込んで変色しています。
グリップ塗装剥離

こういった場合はオーバーコートしても汚れ・剥離はそのままになってしまいますので
木地まで塗装を剥がして再び塗装しなおします。
ヘッド裏のエンブレムがなくなってしまうと困りますのでグリップ部分のみ剥がします。

木部にダメージが無いように塗装のみを地道に少しずつ削ります。
ネックが外れれは作業性が良いのですが
ダブルカッタウェイがそう易々とはやらせてくれません。

行く手を阻むカッタウェイ、といいますかツノです。ええ、ダブルで(笑)
SGはさらに手が入りにくいです。ささりますw
塗装はがし・木地研磨完了

本来のマホガニーの色はこんな感じの色です。
これはホンジュラス・マホガニーだと思います。
クリアの塗装が乗ると濡れたような色になります。
一般的に茶色のネックはほとんどがさらに着色されているものです。

木目・導管の方向によって色は濃く見えたり薄く見えたりします。
(写真によっても変化しますが)
なので注意深く色を合わせながら着色して仕上げます。



十分な乾燥で塗料が安定したら研磨・バフです。



ネック裏塗装し直し

ネック裏・研バフ後

ほとんど境目が無く塗装できました。エンブレムもバッチシ☆




ギター修理価格表
http://www7.plala.or.jp/bluestrings/repair.html

関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<<リペア・ネック打痕塗装修理 | TOP | Swing Chip(スウィングチップ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/128-7eb83780

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示