BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2009/09/16 (Wed) Martin D-18

以前、H様よりお預かりしたMartin D-18です。


個人的にD-18はかなり好きなギターです。
マホらしい音がいいですよね。


各パーツの消耗もあり
全体オーバーホールという感じでパーツ交換・調整をさせていただきました。



溝もギリギリでしたのでナット交換をしました。
Martin D-18ナット交換1


傾斜ナット溝にピタリ合わせて無漂白牛骨で作成しました。
マーティンD-18ナット交換



以前フレット交換をされていたのですが、
14フレット以降の数本のフレットの端が浮いていましたのでそれを修正し
ネック自体のうねりもありましたのですり合わせをしてフレットのレベルを出しました。

レベルが出てフレットを整形できたらマスキングして磨きます。
すり合わせ・フレット研磨
トップに傷が付かないようにプロテクタを使用しています。


ブリッジプレートの弦穴に弦のボールエンドが食い込んで
弦の末端の太い部分がサドルにせり上がっている状態でしたので
一旦、弦穴周辺を削り、同じローズウッドで埋めて、再び弦穴を開けなおします。
これはギター内部・ブリッジの下の画像です。大きいブリッジプレートですね。
ブリッジ弦穴補修


ちょっと画像がボケておりますが、ボールエンドは止まりました。
Martin D-18・弦穴補修



お客様のご希望通りサドルも交換しました。
サドル高さがあまり高くないのでブリッジの上面を削って厚みを落として
弦穴のスロットも調整しました。
マーチン・サドル交換
弦穴を補修しましたので弦もちゃんと納まっています。



マーチン・オーバーホール
ガタついていたペグも新品に交換しました。
状態を確認しながらサウンドチェック。うーむ、いいですね。


お客様には弾きやすさと以前の出音と調整された音の変化に喜んでいただけました。

ありがとうございました!!




アコースティックギターリペア価格表
http://www7.plala.or.jp/bluestrings/repair.html
関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<<ウクレレ試作・完成♪ | TOP | 第6回 浜名湖フォークジャンボリー!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/148-e0283345

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示