BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/13 (Wed) gibson L-OO ブリッジ剥れ修理

草訳 様よりお預かり ギブソンL-OOブリッジはがれ修理です。


ブリッジが全体的に剥れています。トップの中心部分はかなり変形して盛り上がっています。
CIMG7225.jpg


前は張力に引っ張られたブリッジが塗装を押し上げてしまっています。
CIMG7226.jpg


まずは慎重にブリッジをハガシます。
CIMG7227.jpg


以前にも同じ症状で修理したことがある、ということでしたが
ボディ内部を良く見ると、ブリッジプレートが大きく破損していました。
CIMG7228.jpg
これでは張力に耐えられないですね。


ブリッジプレートは交換しましょう。
CIMG7334.jpg


形状をコピーして新しいブリッジプレートを製作。トップのゆがみを矯正しながら接着しました。
CIMG7406.jpg


そしてブリッジを再接着します。
ダメージのあった塗装部分はタッチアップ、またナットも交換しました。
CIMG7421.jpg


ありがとうございました!
またよろしくお願い致します!



ブリッジも修理します。
http://www7.plala.or.jp/bluestrings/repair.html
関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(2) |


<<ギター写真館 | TOP | Martin D-28 ネック折れ修理>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

今更ながらのお尋ねで申し訳ありません。
このサドル下から貫通している穴は、
やはりブリッジを固定する際に使用する穴なんでしょうか?
年代によってあったり無かったりするようですが。

2011/04/08 14:37 | F原 [ 編集 ]


 

お世話になります。
この穴はブリッジを接着する位置を決めるための穴だと思います。
比較的新しい年代のギターにはあるのではないでしょうか。
ギブソンのブリッジにはネジが付いているものが多くありますが、ネジは位置決めにも使用されると思います。
このブリッジにはネジが着いていませんので隠れるサドルの下に穴を配置したのではと思います。

2011/04/09 00:32 | やっくん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/259-d21f6563

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。