BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2013/05/08 (Wed) gibson Chet Atkins SST リシェイプなどなど

UPが遅くなってしましましたが…

鹿児島県の Uさまより ギブソン チェット・アトキンス SST をお預かりいたしました。

アコギとエレキの中間のようなモデルですが、より演奏しやすい状態にするため
ネックグリップ修正、フレット・ナット交換、サドル弦高調整をさせて頂きます。
また出音にかなりノイズがありますのでそちらも修復します。

うーむ、やっぱ、かっこいいモデルですね。
慎重にフレットを抜いていきます。きわどい最終フレットにギブソンらしさを感じます。
オリジナルのフレットは少し太めのものですが、より細いフレットに替えることで
ネックを握った感触や弦のテンション感を少し下げることができます。
画像 349

ネック・指板のうねりを修正しフレットを打ち込みます。
画像 356

ネックグリップを修正するために塗装を剥がします。
いわゆるU型のネックですがオーナー様のご希望に合わせ、頬の部分を削ってV型ネックにしました。
手の感触が大きく影響する作業ですので夜の静かな時間に慎重に作業します。
画像 366

ネックは外れないため作業はかなり困難ですが塗装も綺麗に剥がすことができました。
画像 367

再塗装し、研磨・バフします。
新しい塗装と古い塗装と色の差をなるべく小さくして違和感のないように仕上げました。
画像 655

フレットはすりあわせ、研磨をして完了です。
画像 654

新しくなったフレットの高さに合わせてナットも交換させて頂きました。
画像 709

サドル弦高調整をしようとしたところ、ブリッジにかなり剥がれがありましたので再接着させていただきました。
ブリッジは中心部分の厚みが薄く変形しやすい形状で、またブリッジの後ろに真鍮製のプレートが入っているので
接着が剥がれやすいところがあるようです。
画像 653

サドルはピエゾのピックアップが一体になった特殊なサドルですので
サドルの溝を少し深く掘り下げる加工をして弦高調整しました。
ナット・フレット・サドルともにとてもいい状態にすることができました。
画像 710

キャビティ内部を少しづつチェックしてノイズの対策をします。
画像 358

ジャックは交換させて頂きました。
ノイズは無くなり気持ちよく演奏できる状態にできました。
画像 361

ネックを握りこむ感触は大きく改善し、親指がすんなりと回りこめるようになりました。
弦高はぎりぎりまで下げていますのでとても弾きやすく、
また気持よく鳴ってくれるようになりました!
画像 708

ギターを受け取られたオーナー Uさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。

竹下さま

報告遅くなりました。
連休に入ってやっとじっくり弾きこむことができました。

種々の問題を覚悟で、海外オークションで安手に入手したギターですが、
竹下さんの手を経て、やっと自分のギターになりました。
問題児であったこのギターが、「一人前のギター」を通り越して、
一気に、昔から使っているお気に入りの一本に仲間入りしました。

一つ目の「押弦のしにくさ」問題ですが、
ナット製作、ブリッジ調整等で弦高をさげた効果はもちろんですが、
僕にとっては、ネックをリシェイプしてV型にしていただいたのが大きい。
ネックリシェイプまで一緒にしていただいて正解でした。
僕のプレイスタイルによるところですが、
格段に握りやすく左手を固定しやすく、効率よく押弦できるようになりました。
(欲を言えば、あとネックの山の部分の厚みがあと数mm厚ければ、
 もっとが弾き易いですが、厚くするのはリシェイプでは無理ですからね^^;)

またフレットをビンテージライクな細・低めのフレットの交換していただいたのも、
弾き易さに貢献していると思います。
リフレットは費用的には悩むところでしたが、
それそのものによる押弦のしやすさに加え、
ナット、ブリッジ、ネックとあわせた総合的な調整の完成度を考えると、
お願いして正解だったのだと思います。

力が弱い上に下手くそな私のストライクゾーンはとても狭く、
一概にこのギターが悪かったとは言いきれないのですが、
リペアしていただいて、すっかり自分好みのギターになりました。

二つ目の問題は、演奏中ですら耳障りで支障のあるノイズで、
何が原因なのか全くわからず、改善するか否か不安だったのですが、
ほぼ完璧に消失しています。
よかったぁ!これで実践投入できます。
何が問題だったのでしょうね。

アコギと電気系の両方に詳しい竹下さんにお願いして正解でした!

想定外に驚いたのは、生鳴りが劇的によくなったこと。
ナット、ブリッジをはじめきっちり作業していただいたので、
考えてみれば当たり前なのですが、驚きました。
このギターがアコギ風ソリッドボディの変則ギターなので、
もったいないくらいです。
アコギだったらよかったのに…^^;

…ということで、折をみて次はアコギをお願いします。
引き続きよろしくお願いします。

******
U

******


この度はご用命ありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ネックのリシェイプ、ネックの塗装などご相談下さい。
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<<パンケーキ・ウクレレ!! | TOP | アディロン/ハカランダのニューモデル製作中!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/473-1f4fd735

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示