BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2014/08/07 (Thu) Taylor 315-C ネックリセット

磐田市のT さまより テイラー 315-C  をお預かりいたしました。

弦高が高くハイポジションでのコードがとても弾きにくいということで ネックリセットをお申込みいただきました。

テイラーギターはジョイント部分に工夫がされていて
ネックリセットのメンテナンスがとてもしやすい仕様になっています。
ネックブロックのラベルを剥がしてジョイントのネジ3本を緩めネックを外します。
指板下にあるフロントピックアップの配線やネックブロック横のプリアンプ部に注意しながら慎重に外します。
IMG_4148.jpeg

ジョイント部分にはスペーサーが2枚入っていて、そのスペーサーを交換することで
ネックの仕込み角を調整できます。
IMG_7557j.jpeg

角度調整ができたらネックをセットし、封印のラベルを再び貼ります。
IMG_4149.jpeg

ナットは溝が低く、弦高を下げると弦が1フレットに当たってバズが出るため、ナットを交換します。
IMG_4146.jpeg

交換できました。
ナットを交換することで弦のテンション感を調整したり、出音の質を上げることができます。
IMG_7804j.jpeg

サドルもネックの角度変更に伴い交換しました。
IMG_7805j.jpeg

違和感なくしっかりジョイントできました。
IMG_7807j.jpeg

弦高は下がってとても弾きやすくなりました。
IMG_7811j.jpeg


オーナー Tさまには 
いままでハイポジションで鳴らなかったコードが弾けるようになったということで
仕上がりにとても満足いただきました。

ご用命誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!(^^)



テイラーのネックリセットで弾きやすくできます。
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html


関連記事
スポンサーサイト

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<<NISHINO UKULELE 指板交換 | TOP | Gibson ES-175D Ovation Classic 1763 リペア>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/502-e82a94c2

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram

bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示