BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/02/13 (Tue) デープカッタウェイのTE カスタムオーダー!

昨年末、
神奈川の Hさまよりオーダーをいただき、TE を製作させていただきました!

TEはテナースケールのエレキウクレレです。

UPするのが遅くなってしまいましたが、とてもかっこいいエレキウクレレですので
製作時の画像も交えながら、ぜひご紹介したいと思います。

従来のTEよりもカッタウェイをもっと深くしたいということで、
今回は4弦側を深くした新しいボディシェイプで加工します。
ボディ材を加工するための治具を加工して、柾目のマホガニーから切り出します。
kIMG_1731.jpg

トップ材にはお客様にお選びいただいたキルテッドメイプルを使用しました。
杢と木目が一番綺麗に見えるように、考えられるいろんなパターンを
こっちが良いかな、いやこっちの方が良いかな、なんて試しながら
なかなか決められなかったりするんですが、木取りしました。
センター上部の穴が開いている箇所はネックポケットで削リ取ってしまうのでOKです。
IMG_5482.jpg

セミホロウの加工。
ボディのアコースティックな鳴りを引き出すとともに軽量化できます。
IMG_5517.jpg

ボディと同じマホガニー材からネックを加工します。
ネックにはカーボンファイバーの補強が入ります。
IMG_6668.jpg

インディアンローズウッド指板。 
ご希望のデザインで加工したカスタムインレイをはめ込みます。
白蝶貝とアバロンを使用して、ひとつづつ加工しました。
IMG_7091.jpg

木地の研磨ができたら、指板にマスキングをして塗装の準備をします。
IMG_7555.jpg

キャビティ内はノイズ防止用シールドの塗装をしてあります。
IMG_7557_20180213173824214.jpg

トップはコーラルブルーの鮮やかなカラーリングです。
塗装が完了しました。
IMG_7950.jpg

フレットの整形・研磨。
IMG_7955.jpg

無漂白牛骨材でナットを加工。
IMG_7956.jpg

GOTOHペグの取り付け。
モデルはUK700で、ポストの高さが調整可能なしっかりとしたペグです。
IMG_7958.jpg

続きます…

関連記事
スポンサーサイト

ウクレレ | trackback(0) | comment(0) |


<<ディープカッタウェイのTE つづき! | TOP | Martin DC Aura バック剥がれ修理>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/651-c282a0f3

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。