FC2ブログ
BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2020/01/11 (Sat) アコギ用弦 ダダリオ EJ16の偽物!? #アコースティックギター

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

いつもブログをご覧いただき、感謝致します。
ありがとうございます。


昨年気付いて、少し時間が経ってしまいましたが
シェアさせていただきます。

アコギ弦 ライトゲージ の超定番で工房でも標準の弦として使用している

ダダリオ(D'Addario)のEJ16 ですが

画像をよーく見ていだだくと左右で微妙に違いがあります。
右か左か
どちらが本物かわかりますか?

s-fIMG_1537.jpg

光を反射させると紙の質感の違いが見えます。
s-fIMG_1538.jpg
s-fIMG_1539.jpg

左は少しコントラストが強い。
s-fIMG_1540.jpg

弦は色が異なります。
s-fIMG_1545.jpg

末端の太い部分(ねじってあるところ)がかなり長くなっているのが大きな違いで
長すぎるとサドルの上に乗ってしまいます。
ボールエンドの色や形も微妙に異なり、ムラがある感じでした。
s-fIMG_1543.jpg


正解は…

画像の 右 のものが正規代理店より仕入れた ものです。

 はリペアの際にお客様が持ち込まれたものです。
某サイトから買ったかも?ということですが
入手先がはっきりしていません。

こうして書いている自分も
こっちが本物でこっちが偽物だー!なんて断言していいものかと考えてしまいます。
製造上のミスなどの可能性もあるのでしょうか。
いや、ないかなー!?
いずれにしろ、サドルの上に末端の太い部分が乗ってしまうのは
良くない症状ですよね。

みなさまのお手元にある弦はいかがでしょうか??

ネット購入の際はお気をつけください。
ちなみに正規代理店の画像は以下となります。
https://kcmusic.jp/images/daddario/ej16_main.jpg



新年いきなりでこのネタもどうなのかなと思ったり…(笑)



https://kcmusic.jp/daddario/
関連記事
スポンサーサイト



リペア | trackback(0) | comment(0) |


<<Martin D-18 (1973) ネックリセットなど | TOP | Martin D-28(1995) ネック折れ修理 #Martin>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/700-04833856

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示