fc2ブログ
BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2021/05/10 (Mon) Martin D-28(2003) ネックリセット、ブリッジ再接着など

千葉県の Sさまより マーティン D-28 をお預かりいたしました。

思い出のたくさん詰まったとても大切なD28ということで
ネックリセットを含めた全体の修理調整をお申し込みいただきました。
誠にありがとうございます!

まずは剥がれが広がりやすいバインディングの修理をします。
s-jIMG_3891.jpg

バックのくびれ部分で剥がれてきています。
s-jIMG_3892.jpg

バック上部の接合部分とその両側でも剥がれてきています。
s-jIMG_3895.jpg

しっかりと接着します。
s-jIMG_4141.jpg

なるべく段差などが残らないように接着します。
s-jIMG_4142.jpg

バックのブレイシングをよく見ると、端の部分で剥がれています。
s-jIMG_3901.jpg

一つづつ確認すると4本すべてのブレイシングの両端が剥がれていました。
s-jIMG_3903.jpg

なるべく修理跡を残さないように、また再び剥がれないようにしっかりと接着します。
s-jIMG_4156.jpg

この反対側も合計8箇所すべて接着しました。
s-jIMG_4158.jpg

ブリッジの後ろが剥がれて隙間ができています。
s-jIMG_3896.jpg

後ろからよく見るとよく見ると浮き上がっているのがよく見えます。
s-IMG_6069.jpg

一旦剥がして再接着します。
ブリッジの形状に合わせて部分的に塗装を剥がして接着してあるのですが
この年代はその範囲がかなり狭くなっていますので、
なるべくブリッジの外形に合わせて塗装を剥がして再度調整をしてから接着しています。
s-jIMG_4005.jpg

膠でしっかりと接着しました。
s-jIMG_4145.jpg

ネックのヒール部分に隙間ができて、ネックが起き、弦高が上がってきていますので
ネックリセットで改善します。
s-jIMG_3899.jpg

慎重にネックを外します。
s-jIMG_4036.jpg

ボディ側も余分なグルーなどは除去して角度調整後、再接着します。
s-jIMG_4031.jpg

ナットは無漂白で交換しました。
と思いきや、よ-く見るとナットに割れのような筋が…
s-jIMG_4132.jpg

ということで作り直しました。
天然の素材ですので仕方ないですね。加工前に確認もするのですがたまにあります。
s-jIMG_4134.jpg

ネックの塗装に劣化とダメージが出ていました。
s-jIMG_3910.jpg

オーヴァーコートして修復しました。
s-jIMG_4140.jpg

ネック全体がきれいに修復できました。
s-jIMG_4138.jpg

ヘッド表の小キズなども一箇所づつ埋めて塗装しました。
s-jIMG_4135.jpg

フレットの高さにムラがあるためすり合わせをします。
s-jIMG_4131.jpg

フレットの高さが揃ってピカピカになります。
s-jIMG_4136.jpg

サドルも交換しました。
s-jIMG_4149.jpg

ネックのジョイントの具合もいい感じです。
s-jIMG_4151.jpg
s-jIMG_4152.jpg

ヒールの部分、バックのバインディング剥がれも接着し、
隙間を埋めて修復しました。
s-jIMG_4143.jpg

弦高はご希望の12フレット上で2.2ミリ程に調整し、
とても弾きやすい状態にできました!
s-jIMG_4153.jpg

ギターを受け取られたオーナーS さまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下楽器
竹下様

お世話になっております。
Sです。
一昨日、リペアが完了したギターが手元に届きました。
ケースから取り出し、事前に写真でお送り頂いていた修理箇所を手元でチェックしてみました。
バインディングやリセットされたネック、ブリッジが新品のようにぴったり接合され、トップの焼け具合と相まって、まるで整備されたビンテージギターのような面持ちで、しばし眺めてしまいました。ネックの艶消し塗装も手にサラサラとした感触が蘇り、大変満足です。
チューニングをして弾いてみると、お預けしている間、暫くサイレントギターばかり弾いていたので、弦を抑える力加減が弱くなってしまったのではないかと心配していたのですが、いや全く違和感なく弾けます。弦高を低めにしていただいたことと、フレット高が揃ったせいか、どのポジションでも軽い力で綺麗な音が出ます。ちょっとうまくなった様に錯覚してしまいます。
肝心な音ですが、最初は、少し中低音の輪郭がぼやけている感じだったのですが、暫く弾いていると高域と他の音域とが馴染んできて、D45の様な煌びやかさとは異なる(価格もキャラクターも違うので当たり前)のですが、リペア前の録音と比べて、D28の芯のある(素朴な?)響きの持続音が伸びていることが分かります。ボディが籠ることなくバランスよく鳴っている感じです。
Martinは、基本設計がしっかりしているので、良い職人さんがきっちり作ると良い音が出るという話を聞いたことがあるのですが、なるほどその通りかと思いました。ギターとは、売られているときの音が最終形ではなく、メンテの仕方で、さらに良くなるものなのだと。だから、永く大事に弾いてあげて、育てていくものなのですね…。
長文失礼いたしました。
ありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。
取り急ぎ、御礼申し上げます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
K S

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/




この度はご用命誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!




BLUE STRINGS  アコースティックギター、ウクレレ製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/
関連記事
スポンサーサイト



リペア | trackback(0) | comment(0) |


<<BLUE STRINGS C414カスタム 完成! | TOP | Martin D-45(1996)ネックリセット、ブリッジ再接着など>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://bluestrings.blog33.fc2.com/tb.php/714-336628dc

| TOP |



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示