BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2017/02/15 (Wed) Martin OOO-28EC ネックリセット ナット・フレット・サドル交換

いつもお世話になっている県内 Wさま から3本目のご依頼をいただきました。
いつもありがとうございます!
今回は マーティン OOO-28EC をお預かりいたしました。

まずは慎重にネックを外します。
kIMG_4523.jpg

ボディにはダブテイルを調整していた紙が見えます。
kIMG_4525.jpg

フレットを慎重に抜いていきます。
kIMG_4526.jpg

指板上面の狂いを補正して研磨し、新しいフレットを打ち込みます。
kIMG_4529.jpg

ストラップピンを外して埋めたいということでアバロンで埋めてみました。
kIMG_4531.jpg

フレットをすり合わせして整形・研磨します。
kIMG_4536.jpg

ペグを一旦外して、ブッシュを入れ直して、ギアにグリスを塗布します。
kIMG_4667.jpg

ナットを無漂白牛骨で交換しました。
kIMG_4669.jpg

新しいフレットもいい感じです。
kIMG_4670.jpg

ジョイント周辺はネックリセットしたのかわからないぐらいの状態に仕上げることができました。
kIMG_4671.jpg

こちら側もキレイになっています。
kIMG_4672.jpg

サドルは各弦オフセットしたものに交換して以前よりも高くなりました。
kIMG_4675.jpg

フレットも交換できましたので指板の上がとても気持ちいいですね。
とても弾きやすく、少しこもっていた音もクリアに前に出てくるようになり
またきらびやかな音になりました!
kIMG_4677.jpg

ギターと再会したオーナーWさまには「弾きやすい!」と
今回の仕上がりにも大変満足いただきました。

いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/31 (Tue) Martin D-28 ネックリセット ブリッジ再接着 アンセム取り付け

福岡県の Eさま より マーティンD-28 をお預かりいたしました。

ネックが元起きになっているということで、ネックリセットをお申込みいただきました。
IMG_4125.jpg

ヒールとサイドには隙間ができています。
kIMG_3061.jpg

ブリッジもよく見ると剥がれてきていました。
kIMG_3056.jpg

ボディの後ろから見るとよく見えます。
ブリッジは一旦剥がして再接着します。
kIMG_3057.jpg

バックをタップしてみるとバラバラと音がしていて
ブレイシングが一箇所剥がれているので接着しておきました。
kIMG_3062.jpg
バックのブレイシングの剥がれは気付かずに使用している方も多いのですが
ボディ内をライトで照らしてバックを軽く押してみると、
ブレイシングの端がバックから浮き上がって動くのが見えますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ブリッジをなるべくダメージが無いように慎重に剥がします。
kIMG_3346.jpg

古い接着剤を除去して、ブリッジの端までしっかりトップと接着できるように
トップに乗っている塗装を剥がしました。
kIMG_3718.jpg

しっかりと隙間なく接着できました。
接着剤は膠を使用しました。
kIMG_3746.jpg

ネックも外しています。
kIMG_3743.jpg

ボディ側もキレイに剥がれてくれました。
kIMG_3738.jpg

ネックセットができたらナットを交換します。
kIMG_3747.jpg

古い接着剤は除去して交換できました。
kIMG_3918.jpg

フレットはすり合わせをしました。
kIMG_3749.jpg

ピックアップも取り付けします。L.R.Baggsのアンセムです。
kIMG_3852.jpg

ボディのテイル部分の穴を慎重に開けました。
kIMG_3851.jpg

ボディ内部も見えない部分ですが、バリが出ないように工夫しています。
kIMG_3847.jpg

プリアンプ部をサウンドホールに取り付けしました。
kIMG_3924.jpg

ストラップピンも追加しました。
kIMG_3922.jpg

ネックのジョイントも違和感なく良い感じです。
kIMG_3923.jpg

サドルもネックの仕込み角に合わせて交換しました。
kIMG_3925.jpg

とても弾きやすい状態に調整ができました!
kIMG_3931.jpg


ギターを受け取られたオーナー Eさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。





竹下様、おせわになりました。無事ギター到着しました、きれいな仕上がり、真っ直ぐなネックでとてもうれしくなりました。

音も最初は少しボリュームが落ちた感じでしたが弾くにつれ、まとまりよく音が出だした感じがしました、マーチンがない間

弾いていたJ45とくらべたら全然良いです。まだ今から良くなりそうで楽しみです。J45の方も調整お願いしたく予約させて頂きます。

アンセムもサドル下のピエゾより生に近く良いです。年末にお手数おかけしました、良いおとしをお迎えください。

ありがとうございました。




この度はご用命誠にありがとうございました!
J45調整のご予約もいただき、ありがとうございます!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2017/01/20 (Fri) OOO-21(1947)ネックリセット ロングサドル交換

昨年のリペアの記事をUPさせていただきます。

いつもお世話になっている 東京都の Yさまより
1947年の OOO-21をお預かりいたしました。

その年代とは思えないほどきれいなコンディションのギターです。
以前にネックリセットをした形跡がありますが、さらなる鳴りを追求するため
他のメンテナンスも兼ねてネックリセットをお申込みいただきました。

ペグも味わいのあるシェイプですね。
kIMG_2739.jpg

ネックリセットのため慎重にネックを外しました。
kIMG_2735.jpg

サイド塗装やヒール部分などに以前のネックリセットのダメージがありますので
修復できるところはタッチアップします。
kIMG_2722.jpg

ヒール側。ヴィンテージのモデルのみに見られるT型のネック補強が見えます。
kIMG_2737.jpg

ナットを慎重に外して交換します。付着している余分なグルーは除去します。
kIMG_2742.jpg

交換できました。
kIMG_3707.jpg

ロングサドルの嵌っている溝ですがサドル溝の中に接着時のようなものが詰まっていますので除去します。
kIMG_3705.jpg

キレイに除去できました。
kIMG_3706.jpg

サドルを製作していたところ、サドル溝が変形して湾曲していて
サドルがかなり前に傾いてしまうので、今後のために対策することになりました。
kIMG_3716.jpg

一旦サドル溝を柾目のエボニーで埋めます。
kIMG_3721.jpg

その後同じ位置、同じ深さにまっすぐの溝を加工します。
kIMG_3726.jpg

次にロングサドルを加工します。
kIMG_3933.jpg

ペグは一旦外して注油して付け直しました。
kIMG_3734.jpg

以前のネックリセットのダメージも回復して、今回のネックリセットの接合もいい感じです。
kIMG_3708.jpg

違和感なく仕上げることができました。
kIMG_3709.jpg

弦高を少し抑えて、とても弾きやすい状態に調整ができました!
繊細なタッチにも反応する軽やかでラウドな鳴り!素晴らしいギターですね!
kIMG_3935.jpg

ギターを受け取られたオーナー Yさまより、あたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。



竹下さま

昨日、無事にギター(000-21)を受け取りました。
はやる心を抑えながらケースを開き、まずは運送時のトラブルが無いことを確認。
そしてギターを手に取った瞬間から、いつも通りの完璧な修理をしていただいたこと
を確信しました。

ネックリセットをしていただいたお陰で、サドルが非常に高い状態でありながら弦高
は十分に低く、非常に弾きやすくなっていました。そしてその奏でる音。修理前と比
べて明らかにクリアーな音質に生まれ変わって帰ってきました。これはきっとロング
サドルの交換と、その際に斜めになっていたサドル溝を切り直していただいた影響な
のでしょう。ダイレクトに弦の振動が伝導しているような感覚です。1947年製の乾い
たボディーから本当にクリアーな音が聞こえるようになり、感激しています。

すべての修理を完璧に、そして非常にきれいに仕上げていただき、ギターが喜んでい
るのがわかります。末永く付き合ってゆきたいと思っています。

今回も大変お世話になり、ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

東京都
Y. T



とても貴重な楽器を長期間預けていただき、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さいませ!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2016/12/13 (Tue) Martin Custom (1983) ネックリセット、ナット・フレット・サドル・ピックガード交換

神奈川県の  Sさまより  マーティン の カスタムモデルをお預かりいたしました。

30年ほど前に初めて購入された憧れのマーチンギターということで、大変思い入れのあるギターですが
経年変化で弾きにくい状態となっていしまい、ネックリセットなど全体の修理をお申込みいただきました。

1983年のモデルで、バック・センターの割れ止めには150週年の焼印が入っています。
kIMG_1713.jpg

かっこいい色のピックガードですがこちらも萎縮して剥がれてきていますので交換させていただきます。
kIMG_1715.jpg

フレットは端が浮いてしまっていますので交換します。
kIMG_1703.jpg

ネックの仕込み角を調整するため、ネックを外します。
トラスロッドではないスクエアのロッドが入っています。
kIMG_2436.jpg

ボディのダブテイル溝。
kIMG_2438.jpg

フレットを一つづつ慎重に抜いていきます。
kIMG_2439.jpg

指板上面の狂いを削ってフラットに研磨して、新しいフレットを準備して打ち込んでいきます。
IMG_2441.jpg

すり合わせをしてピカピカに研磨します。
IMG_2799.jpg

べっ甲柄のセルロイド材でピックガードを交換しました。
ピックガード上面はラッカー塗装してあります。
kIMG_2802.jpg

ナットも交換しました。
またネックの塗装はもともと艶消しになっていましたが、グリップ部分は艶が出てきていましたので
ネック全体を研磨バフして少し艶を出しました。
またペグも磨いておきました。
kIMG_2806.jpg

サドルも交換しました。
kIMG_2807.jpg

ジョイント部分の接着も違和感なく仕上げることができました。
接着はにかわ(膠)を使用しています。
指板のハイポジション部分にはエボニー製のシムが入っています。
kIMG_2810.jpg

磨いたフレットもいい感じです。
kIMG_2813.jpg

とても弾きやすい状態に調整ができました。
音がより前に出てくるようになりました!
kIMG_2819.jpg


ギターを受け取られたオーナー Sさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下 様

お世話様です。

ギターを受け取りチューニングの段階から明らかにリペア前の音と違うことを感じました。
高音の煌びやかさが増し、コードストローク時の音の出方のバランスも良くなったとおもいます。
弦高も低めに調整していただき大変弾きやすくなりました。
フレットその他各部の仕上げもきれいに行っていただき大変満足しております。

この所ケースにしまいっぱなしになっていたこの思い入れのあるギターをまたいつも手の届くところに置いておきたいと思います。
今回は改めてギターのメンテナンスの重要性を感じました。

また機会がありましたらお世話になりたいと思います。
よろしくお願いいたします。

S.A



この度はご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2016/11/19 (Sat) Martin D18GE ネックリセット

県内の Yさまより  マーティン D18GE をお預かりいたしました。
tkIMG_1675.jpg

ヒールにわずかに隙間ができていて、ネックアングルを修復するため
ネックリセットをお申込みいただきました。
tkIMG_1683.jpg

まずは慎重にネックを外します。
tkIMG_1861.jpg

こちらはボディ側です。
tkIMG_1858.jpg

ネックの角度調整ができたら、ナットを交換します。
tkIMG_1690.jpg

無漂白牛骨で交換しました。
tkIMG_2450.jpg

フレットは指板のうねりを解消するためすり合わせをさせていただきました。
tIMG_2433.jpg

がっちり接着されているロングサドルを削り取ります。
tkIMG_1693.jpg

不要な部分などキレイに除去してサドル交換の準備をします。
tkIMG_2430.jpg

ロングサドルを交換しました。
tkIMG_2460.jpg

ネックはラッカーの経年変化でベタベタした感触になっていましたので
オーバーコートで修復しました。さらさらの手触りが戻りました。
tkIMG_2461.jpg

ネックのジョイントもキレイにできました。
tkIMG_2454.jpg

ペグのブッシュは外れやすく、挟まっているワッシャーがバズを生むため、付け直しました。
またギアにグリスを塗布して、回す感触が改善しました。
tkIMG_2462.jpg

とても弾きやすい状態に調整できました。
サドルも高さを維持できていて、鳴りも向上しました!
tkIMG_2463.jpg

ギターと再会したオーナーYさまは出音の変化と仕上がりに満足いただきました。

この度はご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理例
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示