FC2ブログ
BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2019/06/18 (Tue) 松浦弥太郎さま Martin OO-21NY(1946)の調整

以前よりギターの調整・修理をさせていただいている

エッセイストの 松浦弥太郎 さまより 

マーティン OO-21NY をお預かりしました。

新たに手に入れたギターということで、全体の状態のチェックと
修理・調整をお申し込みいただきました。

1964年製、ハカランダの美しい大変貴重なモデルです。
s-fIMG_1290.jpg

ペグを一旦外してバラして、付着している油分等を落とし
摺動部にオイルを追加します。
s-fIMG_1307.jpg

バックを軽くタップすると、少し異音が出ていて
ボディ内部をよくチェックしてみると、バックのブレイシングに剥がれがありました。
s-fIMG_1299.jpg

隣のものも同じように剥がれていましたので、接着して修理します。
s-fIMG_1301.jpg

膠でしっかりと接着できました。
s-fIMG_1315.jpg

膠はすぐにゲル化して硬化してしまうので、
手が入りにくい場所は難易度が高いです。
最短の時間で圧着できるように、クランプ等を準備して接着します。
s-fIMG_1317.jpg

しばらく弾いてみると10-11フレット付近で、1弦2弦がビリつくのが気になりました。
よく見ると12フレットの1弦側が、わずかに浮き上がってきていました。
s-fIMG_1313.jpg

フレットを戻して接着して、
他のフレットとのバランスをとることで音を改善できました。
s-fIMG_1322.jpg

次はナットの交換です。
s-fIMG_1294.jpg

慎重にナットを外し、無漂白牛骨のナット材を加工します。
s-IMG_1310.jpg

交換できました。
s-fIMG_1321.jpg

ロングサドルも交換します。
s-fIMG_1296.jpg

交換できました、弦高もほんの僅かに下げました。
またブリッジピンのはまり具合も調整しました。
s-fIMG_1324.jpg

とても弾きやすくていい感じです。
本当にうっとりしてしまうような良い音です!
s-IMG_1341.jpg

ギターを受け取られた松浦さまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下さん

お世話になっています。
ギターが無事届きました。
ありがとうございました。

音色がきらびやかです。
鳴りも素晴らしいのですが、
音の粒が明確になりました。
弾いていてとても気持ちいいです。

またぜひお願いします。

松浦弥太郎



いつもありがとうございます!
ぜひまたお声かけて下さい!

動画も作ってみました




松浦弥太郎さまの主宰されている  くらしのきほん  はこちら
https://kurashi-no-kihon.com/






ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
ネックリセットについて
http://www.bluestrings.co.jp/mrepair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin




BLUE STRINGS  アコースティックギター製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/guitar.html

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2019/05/30 (Thu) まこオカリナさんへカスタムギターの納品

遠州森町でオカリナの奏者、作・編曲家として活躍されている

 まこさん より
オーダーをいただいて製作を進めていたギターが、いよいよ完成しました!
少し小ぶりなサイズの BLUE STRINGS Model 475  で
ご自身のご希望を盛り込んだ素晴らしい仕様になっています。

ハカランダの突板に榊をイメージしたインレイを入れました。
s-fIMG_1150.jpg

ペグはSGS510、エボニーボタン。
s-fIMG_1167.jpg

指板はマダガスカル・ローズに白蝶貝のポジションマーク、
ネックグリップは握りやすいソフトなVシェイプです。
s-fIMG_1151.jpg

最終フレットにはまこさんのネームを黒蝶貝でインレイしました。
s-fIMG_1152.jpg

ロゼットは天然の鉱石を入れたミネラル・ロゼット。
s-fIMG_1153.jpg

ブリッジも指板と同じマダガスカル・ローズウッドで両耳にもインレイを入れました。
塗装はラッカーのヴィンテージサンバースト。
s-fIMG_1155_20190530111600539.jpg
サイド&バックは黒で塗装。
s-fIMG_1176.jpg
よーく見るとホンジュラスマホガニーの美しい木目が見えるバーストになっています。
s-fIMG_1166.jpg

ツルッツルの鏡面なので写真を撮るのが難しい…(笑)
s-fIMG_1163.jpg

シャビーなウチの工場をバックにパチリ☆
s-fIMG_1194.jpg


まこさんは遠州森町にライブスペースのあるご自宅を建てて、
昨年に引っ越しをされたということで
そちらに納品に行かせていただきました。
ケースを開けて、いよいよご対面、
s-IMG_1789.jpg

柔らかいピックが各弦をプチプチと弾く音に、
トップのレッドシダーが繊細に反応して
とても気持ちのいい音がします!
小さめのボディながらローも十分出ていて

「期待以上だった!」  と とても満足いただけました!

まこさんは以前よりシンガーソングライターとして
アコースティックギターを長く弾いてこられたそうで
ご自身で作曲・演奏なさるオカリナの楽曲には
ギターの伴奏もしっかり入っています。

ライブでオカリナの演奏もしていただきました!
s-IMG_1791 (2)

キーごとにいろいろなオカリナを使い分けて
音圧というか骨に共振してくるような音でありながら
とても柔らかさがあって、どこか懐かしい感情が湧き上がってきます。

ご自宅には宅録の機材や録音用のブースもあり
ご自身の好きなことを追求していく生き方にも共感し
庭木、菜園などなど他にもいろいろな話に花が咲きました。
手づくりのモノがたくさんあり、とてもステキな空間で
すっかり長居をしてしまいました。

これからこの475で、たくさん弾いて録音して楽曲を残してくださるということで
自分にとっても本当に嬉しい楽器製作となりました。

本当にありがとうございました!
またおじゃまします!




まこオカリナ
http://makoocarina.blog.fc2.com/
https://www.youtube.com/channel/UCI1nRfJvdZSvHCpR302dJZw
※まこさんのライブスペースでは演奏会やオカリナの教室などいろいろなことをされています。
興味のある方はこちらのリンク先も御覧ください。
https://blog-imgs-127.fc2.com/b/l/u/bluestrings/20190530130341a00.jpg




BLUE STRINGS  アコースティックギター製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/guitar.html
ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html

関連記事

ギター | trackback(0) | comment(0) |


2019/05/25 (Sat) 新作のウクレレ! 2019年5月

先週の 東京ハンドクラフトギターフェス2019 に展示した楽器のご紹介です。

会場でブースまで足をお運びいただいたお客様、本当にありがとうございました!


まずはネックもボディも貴重なホンジュラスマホガニーで加工した 

S414 のご紹介です。
指板・ブリッジはマダガスカル・ローズウッド。
ボディはアイボロイド、バインディング。
塗装は全体が鏡面グロスラッカーになっています。
つまみ黒のGOTOH製ギアペグ仕様(ゴールド)。


s-fIMG_1134.jpg
s-fIMG_1136.jpg
s-fIMG_1135.jpg
s-fIMG_1137.jpg
s-fIMG_1138.jpg
s-fIMG_1139.jpg
s-fIMG_1127.jpg

ウクレレらしい軽やかでキラキラしたサウンドで、
とってもいい感じのソプラノウクレレです!
シンプルで高級&エレガントなウクレレがお好きな方におすすめです。


2本目は国産・天然の 杉の特上杢 を活かして製作した 

 CE
 です。

CEはコンサートのエレキウクレレで軽量のボディで生音は小さく
大きい音が出せない環境でもウクレレを楽しむことができます。
もちろんピックアップ付きですのですぐにステージでも使える仕様になっています。
エフェクターを繋いで遊んだりもできます。
ネック・ボディはワンピースマホガニー。
指板・ブリッジはエボニー。
ボディはべっ甲柄バインディング。
オリジナルのアンダーサドルピックアップ。
CTSボリュームポット。
つまみ黒のGOTOH製ギアペグ仕様(ゴールド)
塗装はトップがグロスラッカーです。



s-fIMG_1142.jpg
s-fIMG_1143.jpg
s-fIMG_1144.jpg
s-fIMG_1145.jpg
s-fIMG_1147.jpg
s-fIMG_1149.jpg
s-fIMG_1128.jpg

独特な杢目の美しさは画像ではなかなか伝わりにくいのですが
複雑ながら落ち着きがあり、どこか和の雰囲気も感じさせます。
加工している時には、この杉のヤニの独特の香りが工房に広がり、
やすらぎを感じました(笑)


こちらのウクレレは2本とも東京阿佐ヶ谷の LAST GUITAR で販売中ですので
お店でお手にとって御覧ください。

https://lastguitar.com/


ぜひ、よろしくお願い致します!



ウクレレのカスタムオーダーお待ちしております。
http://www.bluestrings.co.jp/ukulele.html

関連記事

ウクレレ | trackback(0) | comment(0) |


2019/05/15 (Wed) 今週末は東京ハンドクラフトギターフェス!


とても個性的な特上杢のトップ材で CE(コンサートのエレキウクレレ) を製作しました!
s-IMG_1098.jpg

毎年恒例の東京の楽器イベントに出展します!
s-IMG_1099.jpg
s-IMG_1100.jpg

https://handcraftguitar.jp/

関連記事

展示会 | trackback(0) | comment(0) |


2019/04/10 (Wed) Martin D-35(1979) ネックリセットなど

長野県の I さまより
マーティン D-35 
  をお預かりいたしました。

長年弾いてこられたというD-35ですが、
ネックリセットを含め、全体をチェックしての修理調整をお申し込みいただきました。
少し弾いてしてみると、鳴り慣れているというか
繊細にボディが反応する感じが伝わってきて
たくさん弾いてこられて育ったんだなと感じました。

弦高は3ミリほどで、少し高めですが、サドルは限界まで低くなっています。
また弦の末端がせり出して、サドルの上に乗ってしまっています。
s-fIMG_0457.jpg

ブリッジの後ろが全体的に浮いていますので再接着をします。
s-fIMG_0458.jpg

フレットはかなり消耗しており、浮きもありますので交換します。
s-fIMG_0461.jpg

慎重にネックを外します。
以前にもネックを外したような?跡がありました。
s-fIMG_0643.jpg

D-35などバインディング仕様のネックはセルが熱に弱いので
ダメージが少なくなるように慎重に外します。
s-fIMG_0745.jpg

ブリッジも再接着のため、慎重に剥がします。
s-fIMG_0596.jpg

ブリッジの下に塗装部分が無いように、塗装の際を調整しながら
膠でしっかりと接着します。
s-fIMG_0645.jpg

フレットは抜いて交換します。
s-fIMG_0693.jpg

高くなるフレットに合わせて、ナットも交換します。
s-fIMG_0694.jpg

新しくGoldEVOを打ち込みました。
長寿命でおすすめのフレットです。軽くすり合わせをして整形研磨バフします。
s-fIMG_0848.jpg

ナットを無漂白牛骨で製作・交換しました。
s-fIMG_0849.jpg

ブリッジプレートのダメージを修復します。
ピックアップは一旦外します。
s-fIMG_0465.jpg

弦穴周辺を削って埋めて、再び同じ位置に穴を開けます。
s-fIMG_0816.jpg

ピックアップを再セットします。
s-fIMG_0829.jpg

ネックリセットの具合もいい感じです。
指板はハイポジションに角度を補正するテーパーシムを入れています。
s-fIMG_0851.jpg

反対側もいい感じです。
膠でしっかりと接着されています。
s-fIMG_0852.jpg

ヒール側も隙間なくしっかり付いています。
ストラップピンも戻しておきます。
s-fIMG_0853.jpg

サドルも無漂白牛骨で交換しました。
s-fIMG_0854.jpg

ブリッジもしっかりと隙間なく接着されています。
s-fIMG_0855.jpg

エンドピンジャックは奥まってセットされていましたので付け直します。
この年代周辺のモデルはエンドブロックがぶ厚くなっていますので
少し工夫が必要になります。
s-fIMG_0469.jpg

付け直しました。
これでプラグが奥までしっかりと入ります。
s-fIMG_0857.jpg

弦高は低めでとても弾きやすく、
ポロポロと弾くと音が溢れてくるような気持ち良い状態にできました!
s-fIMG_0856.jpg

久しぶりにD-35と再会をしたオーナー I さまには
音の変化と仕上がりにご満足いただけました!


また、あたたかいメールもいただきましたので
そのまま掲載させていただきます。


竹下 様

Martin D-35の修理の件、お世話になりました
長年使ってきたギターはボロボロで
思い切ってのフルコース修理にはかなり勇気が必要でしたが
実際に修理をお願いしてみると
自分では気が付かなかった部分の劣化や破損まで見つけていただき
ありがたかったです
単音が弱く、出そうとすると音がつぶれてしまい
アンサンブルで他の楽器に負けてしまうのを何とかしたいと
無理な注文を快く聞いていただき、仕上がってきたギターは
まさにお願いしたイメージとかなり近いものになっていました
フィンガリングでの心地よい中低音はもちろん
ストロークでのバランスの良さはそのまま音量が全体的に上がった
感じで軽く弾いても気持ちいいです
「お願いしてよかった!」
が正直な感想です。本当にありがとうございました




この度はご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin





BLUE STRINGS  アコースティックギター製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/guitar.html

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示