FC2ブログ
BLUE STRINGS  

   浜松の弦楽器工房 竹下楽器のギターなウクレレな日々

2020/12/16 (Wed) 6弦のウクレレ TUMD6S! #ウクレレ #ukulele #ピッコロギター

今までたくさんのウクレレをオーダーいただいているお客様 Oさま より
新たなウクレレ製作のご相談をいただきました。
本当にいつもありがとうございます!

弦は スチール弦 で、
低音弦 2本 を追加した 6弦のテナーウクレレ
形はBLUE STRINGSの MD のような感じで
しかも 薄型のボディ

いきなりですが、

できました! その名も TUMD6S 

トップは木目の美しいジャーマンスプルース。
jIMG_3573.jpg

バックはくり抜きのワンピースマホガニーで、ほぼ空洞になっています。
jIMG_3568.jpg

ヘッドは木目のシックな美しいハカランダ。
jIMG_3595.jpg

ペグは超軽量でロック式のGOTOH STM51 ゴールド。
jIMG_3596.jpg

美しいエボニー指板に、白蝶貝のイニシャル・インレイ。
フレットはEVO Gold。
jIMG_3574.jpg

ハイポジションまで弾きやすいカッタウェイのジョイント。
jIMG_3600.jpg

ブリッジもエボニー、ナット・サドルは無漂白牛骨。
jIMG_3601.jpg

アンダーサドルのピックアップを搭載。
ゴールドのジャックプレートを使用。
jIMG_3579.jpg

めちゃくちゃかっこいいですね!
jIMG_3634.jpg

持ってみると実際のサイズはこのくらいで
テナーウクレレの指板とブリッジが広くなった感じです。
普通のテナーサイズのウクレレケースに入ります。
全長は約68cで、全体の重量は802gでした。
jIMG_3684.jpg

弦はエクストラライトのアコギ用スチール弦を使用しました。
チューニングは A D G C E A で、ギターの5カポと同じです。
このサイズの楽器はピッコロギター、ギタレレ、6弦ウクレレなど呼び方は様々です。

弦のテンションは適度にあり、
各弦オフセットのサドルで、ハイポジションでもピッチが安定しています。
ナイロンやフロロカーボンとはまた異なるキラキラしたサウンドで
つま弾いているとめちゃくちゃ気持ち良くて
その音に引き込まれて楽器と一体となっていくような気になります。
このコンパクトなサイズ・重量にこの音量がおさまっているのが
なんだか信じられないような感覚になりました。

どんな音か気になる方はぜひ動画もご覧下さい。


このウクレレを受け取った Oさまより温かいメッセージをいただきました。


竹下様
無事に受け取りました。
独特な音がしますね。
薄胴くりぬきボディにありがちな硬い音ではなく、抜けが良くてハリのある音だと思います。
見た目もとても綺麗に仕上がってます。
良い楽器を作っていただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
O



今回も、誠にありがとうございました!
ぜひまたよろしくお願い致します!



ウクレレのカスタムオーダーお待ちしております。
http://www.bluestrings.co.jp/ukulele.html

関連記事

ウクレレ | trackback(0) | comment(0) |


2020/12/14 (Mon) アカギのウクレレ #ウクレレ #ukulele #小笠原

世界自然遺産である小笠原諸島の貴重な自然を脅かす外来種として駆除対象となっている

アカギ という木があります。

成長がとても早く、薪炭の材料にするため、外部から持ち込まれたのですが
すさまじい繁殖力で小笠原本来の固有種の環境を侵蝕してしまうという
やっかいものとなってしまいました。

wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE

アカギについて詳しくは こちら

この木を使ってウクレレを作れないか、というご依頼をいただきました。
赤木 その名の通り、かなり赤い色をした木材です。

jIMG_2908.jpg

割ってみると…赤い。
マホガニーのようなリボン杢が出る木材ですね。
でも密で詰まっていて、硬さがあります。
jIMG_2912.jpg

虫食や割れなどを避けて、ウクレレを作っていきます。
jIMG_3134.jpg

削っても削っても赤。
jIMG_3136.jpg

ネックもアカギで加工します。
jIMG_3116.jpg

ラッカーで塗装すると…おおーっと声を上げてしまいました。
うっとりするくらい綺麗な赤色に!
IMG_3241.jpg

ロゼットは白蝶貝を入れてみました。
jIMG_3421.jpg

バックもきれいな赤色で見る角度によってリボン杢がキラキラします。
jIMG_3420.jpg

ネックもアカギ。密です密です。
詰まっていてかなり良い感じ。
jIMG_3425.jpg

指板もアカギ。
jIMG_3422.jpg

ブリッジもアカギ。
jIMG_3436.jpg

ヘッド突板もアカギ。ペグはGOTOH製。
jIMG_3430.jpg

深みのある赤色が美しい、コンサートウクレレが完成しました!
jIMG_3463.jpg



見た目も音もキラキラしていてとっても魅力的です!

マホガニーとローズウッドの特徴を併せ持ったような材ですね。
小笠原の大自然によって育まれてしまった、要注目の材ですね。
素晴らしいと思います!

小笠原諸島の自然保護に貢献できるウクレレを作ることができて
とても嬉しいですね!

この度はご用命、誠にありがとうございました!
ぜひまたよろしくお願い致します!



ウクレレのカスタムオーダーお待ちしております。
http://www.bluestrings.co.jp/ukulele.html

関連記事

ウクレレ | trackback(0) | comment(0) |


2020/09/29 (Tue) BLUE STRINGS 475 カスタム 完成!

前回の記事では475カスタムの製作の過程をご紹介しました。
前回の記事は →こちら

オールラッカーの塗装を終えて、
組み込み、調整、そして完成!です。

マスタークラスのアディロンダックレッドスプルース。本当に美しいです。
s-jIMG_3207.jpg

サイド&バックはスパニッシュサイプレス。
s-jIMG_3209.jpg

ピックアップも取り付けできました。
s-jIMG_3211.jpg

超小型ヘッドのハカランダの模様も美しいです。
s-jIMG_3221.jpg

ペグはGotoh製SG510シリーズの最小となるSGi510を使用しました。
s-jIMG_3212.jpg

色が濃く、美しいハカランダ指板に白蝶貝のドット。
フレットは弾き慣れたお好みのサイズのものです。
s-jIMG_3220.jpg

ブリッジも美しいハカランダです。
サドルまたナットも無漂白牛骨で加工しました。
s-IMG_3219.jpg

ジョイント付近での演奏性を高めた、ヒールレスジョイント。
ネックはワンピースのホンジュラス・マホガニーです。
s-jIMG_3226.jpg

ハードケースは形状に合わせてカスタムメイドで
なるべく軽量なものをオーダーしました。
s-jIMG_3236.jpg

いよいよ完成したギターの音を確かめるSさま。
薄型軽量のボディからは想像できないほど音量があり、驚いておられました。
s-jIMG_3292.jpg

重量を量ってみると、1482gでした。
持った時の感触はびっくりするくらい軽いです。
Sさまが以前から愛用されてる他のギターより0.5~1kgくらい軽いとのことでした。
s-jIMG_3230.jpg

弦高は12フレットで1.8ミリ~1.2ミリほどに調整し、
薄く細めのネックでとても弾きやすいです。
ボディは抱えてみると、体にフィットして一体感があります。
中低域くらいの成分やムダなものが削ぎ落とされたような
太く、そして早いキラキラした音、という印象でめちゃ気持ちいい!




聞いたことのない材の組み合わせで
また作ったことない仕様の数々でしたが
本当に上質なギターが完成できて、とてもいい経験となりました!
これはもう軽量・薄型!のアコギの時代の到来でしょうか!?


今回も機会をいただき本当にありがとうございました!

また調整などお声かけて下さい!


※追記
Sさまより嬉しいコメントをいただきました。

音がクッキリすっきりコレは名器です


よくある一般のエレアコと並べると半分か1/3の大きさに見えますが生音で音の大きさは負けません不思議です残響はとても少なく余分な音が残らないから音がクッキリしているしかも硬い音ではない1.5kgと軽いのでお出かけにも便利なエレアコ



ありがとうございます!



BLUE STRINGS  アコースティックギター製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/guitar.html
ウクレレのカスタムオーダーお待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/ukulele.html

関連記事

ギター | trackback(0) | comment(0) |


2020/09/23 (Wed) BLUE STRINGS 475 カスタム 製作

昨年、いつも大変お世話になっている豊橋のSさまより
ギター製作のオーダーをいただきました。

Sさまには何年も前からお使いのギターやウクレレの修理・調整・改造と
様々なご注文をいただいておりました。
本当にいつもありがとうございます!

今回はご希望に合わせて、各種カスタムした
特別なアコースティックギターを製作させていただきます。
ネックは極端に細く、またヘッドを最小限の大きさにして
またボディをかなり薄くして、軽量化したギターを作ります。

以前に薄型のウクレレをカスタムで製作されたことがあり
それがとても弾きやすく音が良かったということで
今回はギターでもそれをやってみます。

またSさまはハワイアンを演奏されることが多く
センターでフラを華やかに踊る方々を最優先にしたいというお気持ちがあり
見た目がゴージャスになる仕様などは避けて
全体をかなりシンプルにしたものを製作します。

トップ材はお客様の持ち込みで、
超ハイグレードなアディロンダックレッドスプルースです。
色がキレイで目の詰まった素晴らしい材料です!
s-jIMG_2517.jpg

バックはフラメンコギターに使用されるスパニッシュサイプレスです。
サイプレスとは日本でいうヒノキのことで、独特のいい香りがします。
やはり日本の檜とは香りも違いますね。
s-jIMG_2518.jpg

サイドもスパニッシュサイプレスです。
実は初めて曲げるのでドキドキです。
アディロンダックレッドスプルースとスパニッシュサイプレス、、、どんな音になるか想像できますでしょうか。
見たことも弾いたこと無い、作ったことの無いすごい組み合わせです。
瞬発力のあるレスポンスに優れた音を思い描きながら加工していきます。
本当に楽しみですね!
s-jIMG_2520.jpg

ネックは柾目のホンジュラス・マホガニーです。
s-jIMG_2514.jpg

指板とブリッジはハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)です。
s-jIMG_2515.jpg

そしてここから、加工をザーッと見ていきます。
今回はボディがとても薄く加工しますので、
まずは薄いモールド(型)を作ります。
s-jIMG_2931.jpg

ブレイシングもトップと同じようにアディロンダックレッドスプルースで加工します。
s-jIMG_2842.jpg

トップ用、バック用とすべて加工します。
s-jIMG_2843.jpg

トップとバックはブックマッチで接着して
外形を加工して、それから厚みを調整します。
s-jIMG_2839.jpg
s-jIMG_2841.jpg

バックのセンター割れ止めを接着します。
s-jIMG_2943.jpg

レッドスプルースのブレイシングを接着します。
s-jIMG_2954.jpg

超シンプルに、トップはロゼットの加工はなしにして、
サウンドホールのみ加工します。
s-jIMG_2947.jpg

キレイに空きました。
s-jIMG_2950.jpg

サイドも加工していきます。
s-jIMG_2932.jpg

自作のベンダーで割れないように慎重に曲げます。
s-jIMG_2938.jpg

シワもよらず割れもなく、キレイに曲がってくれました。
s-jIMG_2939.jpg

ブロックを接着します。
サイドはかなり大きめに加工していますのでまだまだ薄くなります。
s-jIMG_2940.jpg

ライニングも接着します。
s-jIMG_2956.jpg

サイドにトップとバックを接着して、箱になります。
s-jIMG_2960.jpg

ピックアップを取り付けしますので、先にジャック用の穴を開けておきました。
ボディのバインディング、エンドグラフトも無し、ということで
接着箇所はすべて隙間なくピッタリでないといけませんので
実はかなり難しい加工でした。
s-jIMG_3026.jpg

指板のハカランダも加工します。
s-jIMG_3013.jpg

白蝶貝のポジションマークを入れます。
s-jIMG_3020.jpg

ネックも加工します。
ヘッドは本当に小さいです。
s-jIMG_3023.jpg

木部の加工を終え、塗装します。
s-jIMG_3131.jpg

下地からすべてラッカーで塗装します。
ネックのジョイント部分はヒールレスになっています。
s-jIMG_3130.jpg

ハカランダのブリッジも加工します。
s-jIMG_3139.jpg

…続きます!



BLUE STRINGS  アコースティックギター製作のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/guitar.html
ウクレレのカスタムオーダーお待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/ukulele.html

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


2020/06/23 (Tue) Martin OOOO-38(1998) ネックリセット

神奈川県の Tさまより  マーティンOOOO-38 をお預かりいたしました。

レフティ用に改造して使用されているということで
とても大切にされている気持ちが伝わってきますね。

弦高が上がってきてしまい弾きにくい状態となり、
サドルの高さにも余裕があまりありませんので
ネックリセットでの修理・調整をお申込みいただきました。
s-jIMG_2867.jpg

複数箇所バインディングの剥がれがあり、それも修復します。
s-jIMG_2861.jpg
s-jIMG_2860.jpg
s-jIMG_2863.jpg
s-jIMG_2864.jpg

よく見ると隙間が空いていて
指で押すと少し動いているので剥がれているのがわかります。
s-jIMG_2868.jpg

すべて接着しました。
s-jIMG_3008.jpg

慎重にネックを外し、安定するまで待ちます。
s-IMG_2929.jpg

ジョイント内部の接着剤などは除去して再セットします。
s-IMG_2918.jpg

きれいに接着できました。
s-jIMG_2998.jpg

違和感ない仕上がりにできました。
こちら側にもサイドポジが追加されていますね。
s-jIMG_2999.jpg

バインディングの接着もきれいにできています。
s-jIMG_3000.jpg

ロングサドルは交換できました。
s-jIMG_3006.jpg

とても弾きやすく、良い状態にできました!
s-jIMG_3007.jpg


ギターを受け取られたオーナー Tさまよりあたたかいメールをいただきましたので
掲載させていただきます。


竹下様

0000-38のリペアをお願いした T です。
ギターは土曜日に無事受け取りました。
一通り確認しましたが、弦高は十分低く、弦のビビリもなく、サドルの高さが十分あり、申し分ない仕上がりだと思います。
いろいろ弾いてみてもとても弾きやすいです。
音も特に高音が気持ちよく出るようになった気がします。

これからいろいろ弾いて楽しもうと思います。
またなにかありましたらお願いすることもあろうかと思いますが、その節はよろしくお願いします。



この度はご用命誠にありがとうございました!
ぜひまたお声かけて下さい!



ギターの修理・調整のご依頼、お待ちしております
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
ネックリセットについて
http://www.bluestrings.co.jp/mrepair.html
マーティン修理の記事一覧
http://bluestrings.blog33.fc2.com/?q=martin

関連記事

リペア | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへ

ブログ記事検索

プロフィール

やっくん

Author:やっくん
静岡県浜松市のギター・ウクレレ工房です。
ギター、ウクレレなどの弦楽器を
修理・製作・販売いたします。
ご相談・お見積もりはメール下さい。
info@bluestrings.co.jp


竹下 泰弘
竹下楽器
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町333
地図を表示
090-5444-5185
053-545-3996

WEB
http://www.bluestrings.co.jp/
製作した楽器の画像はこちら
修理・調整はこちら
http://www.bluestrings.co.jp/repair.html
■Martin マーティン マーチン修理一覧
■Gibson ギブソン修理一覧


Instagram


bluestringsさんのランキング集計結果

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示